ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

46歳で現役復帰のローズ 「フランコ(56歳)はもっと凄い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北陸(くぬが)の道で2人の「伝説の助っ人」が、17年ぶりの競演を果たした。

 一人は3月からBCリーグの石川ミリオンスターズに監督兼選手として加入した、元ロッテのフリオ・フランコ。主に4番DHとして出場を続けており、56歳とは思えない豪快なバッティングを見せている。

 そのフランコから遅れること2か月半。富山GRNサンダーバーズに選手兼野手コーチで加入したのが46歳のタフィ・ローズだ。近鉄、巨人、オリックスに在籍した13年間に放った本塁打は、外国人通算最多となる464本。4度の本塁打王と3度の打点王に輝いたスラッガーである。

「オファーは今年の4月。2009年に引退した後は、米国で子育てに専念していて野球からは離れていたけど、昨年、息子の大学進学も決まったし、もう一度日本でやってみようと思ったんだ」(ローズ)

 来日前の1か月間、打撃練習と筋トレをしっかりやってきたというローズは、出場2戦目で初本塁打を記録。5戦目には推定飛距離120mの場外ホームランもかっ飛ばした。

「まだイメージしているストレートのタイミングに少し遅れている。今は勘を取り戻している段階。市内観光もしたいけど、6年ぶりの復帰で筋肉が悲鳴を上げている。あっちこっち痛くて、休日はベッドで横になっているよ(苦笑)」

 BCリーグのレベルは「米国の2Aと3Aの中間」と語るローズは、現在ホテル暮らし。いずれは市内にアパートを借りる予定だという。

「富山は食べ物が素晴らしい。特に白エビの刺し身が美味いね。今はダイエット中なので沢山食べるわけにはいかないけど……」

 流暢な日本語を話し、サインや写真撮影にも気軽に応じる。ファンからの人気も当然高い。富山は“ローズ効果”により観客が5倍に増え、名前入りグッズは試合前に完売するほどだ。

「ファンは46歳のボクを見て凄いといってくれる。でもフランコ監督は56歳。もっと凄いよ(笑い)」

 年を重ねた今もなお、2人のプレーはファンの心を掴んで離さない。

■取材・文/鵜飼克郎 撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
プロ野球珍記録 キャッチャーライナーや本塁打8本で7得点等
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP