ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ『グッディ』 視聴率上げたい焦りから現場は勇み足連発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビは相変わらず絶不調が続いている。4月からスタートした新番組は軒並み低迷が続き、10話の予定だったAKB48の渡辺麻友主演のドラマ『戦う!書店ガール』は9話で終了。そして局内で一番問題になっているのは昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』(月~金・午後1時55分~)だ。フジテレビの社員は虚ろな顔でこう話す。

「『グッディ』はやることなすこと裏目に出ている」

 MCに安藤優子(56)と俳優・高橋克実(54)を配置し、サポート役にはミタパンこと三田友梨佳アナ(28)を起用。フジ復活の起爆剤としてスタートした『グッディ』だが、同時間帯のライバル『ミヤネ屋』(日本テレビ系、月~金・午後1時55分~)を脅かすどころか、連日視聴率1%台を記録する惨憺たる戦績だ。

 そもそも、安藤を昼のワイドショーに持ってくることには、最初から懸念があったという。

「主婦層がメインのワイドショーでは、庶民的な感覚が何より大事なんです。ところが安藤さんは放送開始の翌日から『普段は(犬のご飯は)手作りで、ササミとかサーモンとか、タイとか食べてますよ』なんて浮き世離れした発言をしてすっかり主婦層の反感を買ってしまった」(前出・フジ社員)

 なんとか視聴率を稼ぎたいという焦りからか、現場は勇み足を連発している。他の民放キー局関係者がいう。

「5月22日に行なわれた亡くなった萩原流行さんの妻・まゆ美さんの会見では、代理人の弁護士が生中継を禁止していたのに、『グッディ』だけが抜け駆け。途中で弁護士に注意されて中断し、フジは大恥をかいた。他局の面々からは“必死だねェ”と失笑が漏れていた」

 局内からはこんな不安の声が上がっている。

「SMAPの中居正広さんの会見では、『グッディ』のリポーターが肺がんで亡くなった父・正志さんのことを執拗に聞いたり、離婚報道のあった米倉涼子さんの自宅に押しかけたりと、強引な取材が目立つ。

 安藤さんのジャーナリズム精神の旺盛さと取れなくもないが、大手の芸能事務所所属タレント相手にあの調子じゃ危なっかしすぎる。あれでは局の上層部も冷や冷やものだろう」(前出・フジ社員)

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安藤優子が夕方番組最終日に号泣 報道フロア騒然、拍手発生
「グッディ」三田アナ 「めざまし」帰りたい気持ちひしひし
安藤優子卒業に向け数々の企画準備 本人も集大成と鼻息荒い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。