ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【地元民に愛される絶品グルメ】最高の名古屋メシを抜群のコスパで堪能できるお店!名古屋駅近の「のんき屋」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

名古屋では、むかしから老若男女とわず喫茶店が利用され、名古屋独特の喫茶文化が形成されてきた。

一説には名古屋は昔から茶道が盛んで、お茶好きな土地柄であったため、その延長で喫茶好きの人が多いため、独特の喫茶文化が形成されてきた、とも言われている。

そんな喫茶文化が花開いた名古屋には、もう1つ忘れてならない文化がある。それが味噌カツやどて煮、味噌煮込みうどんに代表される味噌文化だ。

名古屋の味噌は、一般に「赤味噌」と言われているが、「赤味噌」には大豆の100%で造る「豆味噌」と、大豆に米麹を入れる「米味噌」の2つがある。

ここでいう名古屋の味噌文化の礎となっている「赤味噌」とは、「豆味噌」を指し、色が赤褐色で濃いのが特徴。

実はこの「豆味噌」を使っているのは全国でも東海三県(愛知、岐阜、三重)のみ。実は東海三県以外で使っている「赤味噌」というのは「米味噌」を指し、「豆味噌」ほど色が濃くなく、味も甘いのが特徴だ。

この東海三県で親しまれている赤味噌をたっぷり使った呑兵衛の愛するツマミを堪能できるお店こそ、今回ご紹介する「どてやき」の銘店「のんき屋」だ。

・名古屋における「どてやき」の草分け的存在
こちらのお店は昭和29年(1954年)創業の老舗。名古屋駅からも近いため、多くの出張者は仕事も重要だが、仕事の後のこの店を楽しみにしている、と言われるほどの名店だ。

・豊富でコスパ抜群なメニュー
味噌ダレで煮込まれたおでんや「どてやき」、そして備長炭で焼くとん焼、串かつなどのメインの他に、自家製の浅漬けや枝豆など、脇をしっかりと固める味わい深いメニューが並ぶ。しかもそのどれもが激安という、呑兵衛にとってのパラダイスのような場所なのだ。

・妖艶な後引く味わいの味噌ダレ
創業以来注ぎ足す秘伝の味噌で煮込まれたおでんと、その味噌ダレで煮込まれた「どてやき」は、濃厚でありながら、後引く味わい。艶やかなその見た目、立ちのぼる味噌ダレの香り、そして口の中で広がっていく濃厚な味わいは、「妖艶」ともいえるほどだ。そんな極上の味噌ダレで煮込まれた劇ウマの「どてやき」は、キンキンに冷えた生ビールとの相性が抜群であることは言うまでもないだろう。

・最高の味わいがもたらす至福の時
豊富なメニュー、圧倒的なコスパ、そして抜群の味。3拍子そろった店内はいつも満員。それどころからあふれた人が道路に面したカウンターで立ち食いするほどの人気店だ。もちろんその風情はどこか懐かしい屋台の雰囲気を醸しだし、まるで童心に帰ったかのような時間を過ごす事ができる。

これから、夏に向けて気温が高くなっていく日本列島。暑いときにこそ、アツアツに煮込まれた極上の「どてやき」を片手に、キンキンに冷えた生ビールを楽しんでみてはいかがだろうか?

その痺れるような爽快な喉越しとウマさに、きっと夏の暑さすら忘れてしまう事だろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 のんき屋 (のんきや)
住所 愛知県名古屋市西区名駅2-18-6
営業時間  17:00~20:30(土曜日:16:30~19:00)
定休日 日曜・祝日









カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP