体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハッシュタグ「 #誰得ドット絵」がシュールすぎてジワると密かに話題

ハッシュタグ「 #誰得ドット絵」がシュールすぎてジワると密かに話題

ジーコサッカーのドット絵 大大大津 さんTwitterより(@O2A1
誰が得するんだろう?」というドット絵が集まるハッシュタグ「#誰得ドット絵」がTwitterに登場し、密かに注目を集めている。

上記の作品は、スーパーファミコン用ソフト『ジーコサッカー』のドット絵。ドッター・大大大津さんによる作品だ。

持ち物にはきちんと名前を書く習慣のあった子供だったのだろうか、「たかし」という名前まで再現されており、細部にまでこだわっているうえにちゃんと「誰得」な作品になっている。

これは素体(素材となるドット絵)に好きなようにドットを打つ「素体ドット祭」というニコ生の企画で制作されたものだという。

今回は、そんなシュールすぎる「#誰得ドット絵」の数々を厳選して紹介する。

誰得すぎるドット絵たち!

発端となったのは、キントキ@虹色ペンペン草さんの「みんな、誰の得にもならないドット絵描こうぜー」というツイートだったようだ。

開き戸や、開き蓋についている蝶番(ちょうつがい)がドット化している。まさに誰得!

1 2 3 4 5次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。