ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneが生まれてから死ぬまでを描いたショートフィルムが超エモい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


※画像はすべて「The Life and Death of an iPhone」スクリーンショット
iPhoneが生産されて処分されるまでを、まるで人間の一生のように捉え、iPhoneの視点から映したショートフィルム「The Life and Death of an iPhone」が、Vimeoで公開された。

The Life & Death of an iPhone from Paul Trillo on Vimeo.

制作したのはニューヨークを拠点に活動する映像作家のPaul Trilloさん。約7分のこの作品は、撮影/編集のすべてをiPhoneで実施。編集は、比較的手軽に高機能な編集ができるアプリとして知られる「Cameo」で行われている。

消費社会に生まれた製品の切ない運命

「The Life and Death of an iPhone」は、iPhoneの画面から見ているであろう世界をポイント·オブ·ビュー(主観)で映し出している。

工場で生まれたiPhoneは、箱に詰められ購入者の元へ。

生まれたての赤ん坊のようにiPhoneを歓迎する持ち主の男性。

おもしろ動画を見たり、風景を撮影したり、電話したり、ムービーを撮ったり、目覚ましとして使ったり、男性の生活の側にはいつもiPhoneがあった。

時には仕事中にゲームアプリをいじっていて注意を受けたり、大事なiPhoneを強奪されそうになったりもというハプニングも。

風呂場で裸のまま自撮りする男性……Instagramにでもアップするのだろうか。

iPhoneをうっかり落としてしまい画面はヒビだらけに……。よくある光景だが、iPhone視点だとより痛々しい。

新しいiPhoneにデータを移行しているのだろうか。悲しいかなこれが現実かもしれない。この後、このiPhoneがどうなるのかは、実際に動画をご覧いただきたい。

新型が発売されるとすぐに乗り換えるスマホユーザーも多いなか、ガジェット視点で見るこの物語にはエモーショナルなものを感じざるを得ない。

引用元

iPhoneが生まれてから死ぬまでを描いたショートフィルムが超エモい

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP