ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ネット犯罪」はホリエモンやひろゆきのせい? TVタックルで大激論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ朝日の「ビートたけしのTVタックル」(6月22日放送)に元ライブドア社長の堀江貴文氏と、2ちゃんねる開設者である「ひろゆき」こと西村博之氏が出演。インターネットに規制が必要とする賛成派と、「規制は無理」という両氏との間で激論が交わされた。

まず規制賛成派の紀藤正樹弁護士が提案したのは「インターネットの実名化」。発言者に責任感をもたせれば、悪質な書き込みなどが減るという主張だ。韓国では2007年に導入され、ユーザー登録には実名のほか、住民登録番号を明記するなど本人確認を義務付けている。
「YouTuberはオリジナリティがない」にひろゆき憤慨

しかし、ひろゆき氏は「韓国でも犯罪減っていないので。結局意味がない」とあっさり言い切り、堀江氏も「実名だろうと、昔からバカなことをやるやつはいる。有効な対策に成り得ない」と同意した。

これに反論したのは評論家の古谷経衡氏で、「ネットの生放送や動画によってユーザーを巻き込む形で快感を得ている」と指摘したが、ひろゆき氏は「それはあなたの感想ですよね」とバッサリ。谷口氏は「まあ…そうですけど、実際にそういう事例はありますよね」と弱々しい口調になってしまった。

ひろゆき氏は、実名制を日本で取り決めても、Googleなどのサーバーは海外なので意味がないと指摘。「今まで通り普通に使うと思いますよ。日本のサービスが使われなくなるだけ」と結論づけた。

規制派が「スマホで成績が悪くなる」と言えば、ひろゆき氏は「そもそも買い与えなければいい」とやりこめる。「YouTuberはオリジナリティがない」(古谷氏)との批判にも「ウソ言わないでくださいよ! ぼくニコニコ動画の管理人やってたんで。僕の方が詳しい」(ひろゆき氏)と言われれば、返す言葉はない。

テレビに映るそんな様子を見たネットユーザーからは、「ホリエモンとひろゆきの論破祭」との声が上がっていた。
国会議員の「感情論」に堀江氏キレる

「ネットいじめで傷つく人がいても、何を書くのも自由だと思いますか?」という司会の阿川佐和子からの質問に、堀江氏は「僕やられてる方なんで。慣れました」とかわす。

紀藤弁護士は「ネットいじめは裸の写真が載るなど、プライバシーが完全にさらされる。質的に違う」と主張したが、ひろゆき氏はこう応戦した。

「質的に違うというなら、ネット以前とネット以後のいじめ件数を比較しないと。もともといじめで死ぬ人はいっぱいいたわけで、『インターネットができたから増えた』というデータでもあるんですか」

これに松本議員は「そんなこと、子ども亡くした親御さんの前で言えます?」と嘆くように言うと、堀江氏が感情論だとして非難。強い口調で主張した。

「被害者感情ばかり聞いていたら、規制強化が進むんです。そうやってあなたたち議員は世の中を息苦しくしている。もちろんかわいそうですが、それとは別の議論で考えなきゃいけない」

すると脇から古谷氏が、皮肉めいた口調で「それはインターネット黎明期に活躍されていたお二人が、質の低いユーザーを放置していたからじゃないですか」と添えた。これに堀江氏は「俺たちのせいにしないでくれる? 意味わかんない」と不快感をあらわに。

それでも、ひろゆき氏が冷静に、「それはそういう風にしか理解できない知能の問題ですけどね」と思い切り毒を吐くと、堀江氏は溜飲を下げた様子だった。
ネット最強の2人に歯が立たず。もっと強敵はいなかったか

論戦は意見の相違どころか、会話が噛みあわない場面すら頻繁にあった。「ネットは犯罪の温床! 規制しなければ」とする規制派と、「そもそもネット以前から犯罪もいじめもあり、犯罪者がそれを利用しているだけ。リテラシー教育と警察の捜査能力の低さが問題」とする反対派。

とにかくネット知識の相違が両者の間で著しく、規制派たちが何を言っても知識でかなわない上に、弁護士よりも弁が立つ2人に抑え込まれてしまう。堀江氏らの意見は多くは正論だったが、上から目線でやりこめているだけではと感じた部分もあったので、規制派にもう少し強敵を揃えてもらいたかった。(ライター:okei)

あわせてよみたい:弘兼憲史氏のイクメン批判に「昭和の価値観は滅びろ」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP