ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新入社員と先輩が「義兄弟の契り」を交わす!? コーエーの「ブラザー制度」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新入社員と先輩が「義兄弟の契り」を交わす!? コーエーの「ブラザー制度」が話題に

新入社員が早く会社に慣れるよう、先輩社員をメンターとして置く会社は多々あるが、大手ゲームメーカー、コーエーテクモゲームスの一見変わった「新人育成制度」がネット上で話題となっている。

きっかけは、6月22日にゲーム業界関係者から寄せられたツイートだ。6月中旬に米国で開催された世界最大規模のゲーム見本市「E3」で、こんな話を聞いたという。

「コーエーには『ブラザー制度』というのがあり、入社してから先輩とブラザーの契りを交わして研修中に色々教わる風習がある。内容は仕事だけではなくプラベートにも及び、二人の序列は研修中のみならず一生続く関係となる」

「コーエーだから兄者って呼んだりしそう」

さらに、先輩と後輩がどちらも女性の場合でも「ブラザー」と呼ぶといい、「その宝塚感がイイ」と書いている。

これがネットで話題になった。コーエーテクモといえば、三国志や戦国時代を題材にした「無双」シリーズで知られている。そのため劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の誓い」などを思い出した人が多いようだ。

「さすがコーエー、桃園の誓いみたいでカッコええやん……」
「コーエーだしブラザーの先輩を兄者って呼んだりしそう」

同社の関係者は「なんか凄い話というか表現に変換されてる気がw 概ね間違ってはないですが」とツイート。変わった制度ではあるが、実際に運用されているようだ。

さらに23日には、コーエーテクモの公式ツイッターが反応。「一部で話題の、当社の『ブラザー制度』。要は、新人に対し指導担当の先輩社員がつくという制度です」と説明した。ブラザーが指導するのは入社から1年弱の期間だが、「それが終わっても先輩/後輩として仲の良い関係が続くことが多い」という。
「コミュ障の増えた現代ではいいシステム」と評価する声も

この制度は同社の採用ページでも紹介されている。ブラザーとなる先輩社員と毎月面談して目標を決め、二人三脚で達成を目指す。関係は仕事だけではなく、「時にはプライベートの相談など、困ったときにはすぐに頼れる存在として見守ってくれます」としている。

社員紹介では、男性社員が同制度について語っている。ブラザー担当の先輩には公私ともに相談に乗ってもらったといい、「こういう関係の先輩がひとりいるかいないかで、入社一年目のメンタルに、けっこう差があったりすると思います」とコメント。かなりうまく機能しているようだ。

ブラザー制度のこうした点について、2ちゃんねるでは「会社の人間とプライベートも付き合うとか嫌だ」という声もあったが、「ぶっちゃけコミュ障が増えた現代ではいいシステムやろ」などと評価する見方も寄せられていた。

あわせてよみたい:プレイして仲良くなったら採用! 横浜のベンチャー企業が「野球採用」始める
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。