ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラーの一言でApple Musicが方針変更 アップル社エディ・キュー「もちろん払いますよ。全部」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テイラー・スウィフトが、ニューアルバム『1989』をApple Musicに提供しないと発表した公開状で、90日のストリーミングお試し期間中の著作権料をレーベルに支払わないとしていたApple Musicが方針を変更した。

 アップル社インターネットサービス/ソフトウェア担当上級副社長、 エディ・キューは、アップルはお試し期間90日の間もアーティストに著作権料を支払うとツイート。米ビルボードのインタビューでキューは「考えを変えさせたのはスウィフトの公開状であり、今朝目を覚ましてテイラーの手紙のことを知り、変更しなければと決意しました。そうしてお試し期間中にアーティストに支払うことになったわけです」と説明した。

 さらに、キューはアムステルダムでツアー中のスウィフトに電話をしたとのこと。「テイラーの心配を聞いて変更することになったと知らせました。彼女とは長い付き合いですから、直接聞かせたかったのです。テイラーは感激したり、感謝したり、また我われの迅速な対応に興奮していました。」と続けた。

 キューは、アップルは大勢のアーティストの同様の懸念をきいており、アーティストに補償しないつもりではなく、元々高いレートで交渉しようとしていたことを付け加えた。アップルが90日のお試し期間の費用を負担するのかとの質問に、キューは「もちろん払いますよ。全部」と返答。「彼らのしていることを深く尊敬しています。長い間関わってきていますから」と音楽コミュニティとのアップルの長い歴史を強調した。

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review:ミューズ『ドローンズ』 王道ロック・サウンドで描かれた衝撃のコンセプト・アルバム
セレーナ・ゴメス、エイサップ・ロッキーをフィーチャーした新曲を配信スタート
ニュー・オーダー、10年ぶりの新作アルバムを日本先行リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP