ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷たいお茶漬けや冷製パスタが生活習慣病や便秘の対策に!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冷たい炭水化物が生活習慣病対策になる!? 意外な食の健康法を教えてくれたのは、岐阜大学教授の早川享志さん。

「ご飯を冷やすことによって、生活習慣病や便秘解消の効果が高まるというのは、炭水化物が冷えた時だけ、レジスタントスターチという成分ができるから。レジスタントスターチとは、小腸で消化されにくいでんぷんの一種で、食物繊維とよく似た性質を持っているのです」(早川さん。以下、「」内同)

 通常、温かいご飯を食べると、胃を通り小腸で消化吸収されるが、ご飯を冷やすとレジスタントスターチが作られるため、小腸で消化吸収されずに大腸まで到達する。

「食物繊維には、便をやわらかくする水溶性と便の量を増やす不溶性の2種類があります。一般的に水溶性の食物繊維が不足しがちなのですが、レジスタントスターチはそのどちらの作用も持ち合わせているのが特徴です。また、腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やすので、腸内環境を整えてくれる効果もあるのです」

 さらに、血糖値の上昇を抑える働きも確認されている。

「レジスタントスターチを摂取すると、血糖値の上昇を抑えて、脂肪を溜め込む働きをするインスリンの分泌を抑えます」

 レジスタントスターチは実はご飯だけにできるわけではない。じゃがいもなどのいも類のほか、豆類(大豆は除く)、パスタなども同様だ。

「それらを冷蔵庫で冷やして2~3時間後から増えはじめますが、再加熱すると戻ってしまうので温めずに食べる必要があります」

 これからの季節なら、冷たいお茶漬けや冷製パスタ、冷蔵庫で冷やしたポテトサラダなどがおすすめ。

 体によいといっても、食べすぎると糖質の摂りすぎやカロリーオーバーになるので、食べすぎには注意が必要だ。

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
節電対策メニュー「冷やしごはん」に注目 ダイエット効果も
「冷やし茶漬け」にお通じ改善、大腸がん予防、節電効果
節電で冷やしごはんがブーム 今年も食のクールビズ進む予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP