ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一経験者多く接戦ほど対応力高い なでしこ連覇の可能性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なでしこジャパンの2連覇がかかったサッカー女子ワールドカップの決勝トーナメントが始まった。なでしこが決勝トーナメント初戦(24日)のオランダに勝利した場合、次の準々決勝(28日)で対戦する相手はブラジルが濃厚だ。

「世界ランク7位ですが、来年自国でリオ五輪が開催されるとあって、チーム強化に力を入れている。5年連続で女子バロンドール(欧州の年間最優秀選手)を獲得したFWマルタを中心とした攻撃陣は強力。MFには澤と同じく6大会連続出場となるベテランのフォルミーガもいる。攻撃力に劣る日本はとにかく守り切って、数少ないカウンターのチャンスをものにする戦い方になりそうです」(スポーツジャーナリストの財徳健治氏)

 ロンドン五輪の準々決勝で、なでしこはブラジルの一瞬のスキをついて2-0で勝利したが、その再現ができるかどうか。攻撃の中心を担うのは、ロンドン五輪の対戦でも先制点を叩き出した大儀見優季だ。

「大儀見は欧州リーグで揉まれて大きく成長した。早めの縦パスで大儀見のいる前線にボールを預け、宮間あやや阪口夢穂などのMF陣がスピードに乗って2列目から飛び出していく。そうすればブラジルの守備に穴をあけられるはずです」(財徳氏)

 4年前の大会では「ストライカーはとにかく点を取らねば」という思いが強すぎて、自分本位のプレーが目立ち、準決勝からは先発を外される屈辱を味わった。しかし自ら点を取るだけでなく、味方を活かすことを覚えた大儀見の“大人のプレー”が鍵になる。

 準々決勝を突破すると、準決勝では開催国で勢いに乗るカナダと当たる可能性が高い。決勝ではドイツあるいは米国といった強豪が待ち受ける。やはり攻撃力ではなでしこ不利と見られているものの、大儀見を中心としたカウンターはゴールを奪う武器となるはずだ。

 優勝した前回大会も楽な試合はひとつもなかった。

「なでしこには世界一になった選手がほとんど残っている。接戦になればなるほど、試合運びのうまさやゲームへの対応力がものをいう。連覇は簡単ではないが、可能性は十分にあると思います」(スポーツジャーナリストの西部謙司氏)

 再びなでしこが咲き誇る場面が待ち遠しい。

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女子W杯 身長170cm超選手多いオランダ戦のキーマンは岩渕真奈
なでしこ 澤に代わるスター育て新たなスポンサー開拓を狙う
なでしこ 決勝T見据え試合ごとにベストメンバーを試していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。