ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】視覚障害者を支援!他者と視野を共有する期待の遠隔ガイドシステムとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

交差点や歩道の段差、障害物…。目の不自由な人々の外出には、想像もつかないほど、多くの困難と危険が、待ち受けている。

目の代わりとなる白杖も、片方の手がふさがってしまうという問題があり、慣れた場所以外で単独の行動をとるのは、非常に難しいのが現実だ。

こうした課題を解決するために生まれたのが、「guide glass(ガイドグラス)」である。

眼鏡型ウェアラブルデバイスを介して、遠隔地にいる他者と、視野情報や位置情報を共有。周囲の状況に関する案内や、説明を受けられるという、期待のシステムだ。

開発元のパンタグラフでは、本格的なサービス提供に向けて、現在鋭意調整中。多忙な中、担当の吉田 靖規(よしだ やすき)氏が、取材に応じてくれた。

・離れた場所にいる人が目の代わりになる

Q1:まずは、「guide glass」開発のきっかけと経緯から、お聞かせください。

弊社では昨年から、ウェアラブルデバイスへの取り組みを検討し、この新しいテクノロジーを、社会問題の解決に使う方法はないか、と考えていました。(中略)

眼鏡型デバイスが持つ可能性を、世の中に提案できないかと模索していたところ、視覚障害者の方が外出中、事故に遭うというニュースに触れる機会があり、いろいろと調べてみると、視覚障害者の方々は、外出時にさまざまな 困難や、不自由があるということを知りました。

そこで、眼鏡型のデバイスを活用して、視覚障害者の方々が外出時、困ったことが起きた際、サポートするサービスができないか、と考えたことが、 「guide glass」開発のきっかけです。

Q2:「guide glass」とは、どんなシステムなのでしょうか。

「guide glass」は、眼鏡型ウェアラブルデバイスによる、遠隔ガイド/サポートシステムです。

眼鏡型デバイスを装着した人が、その視野の情報と位置情報を他者と共有することで、自分の周りの状況に関する案内や、説明を受けることができます。

離れた場所にいる人と、自分の視野を共有し、その人に自分の目の代わりとなってもらえる仕組み、と言えます。(中略)

また、「guide glass」は、眼鏡型デバイスを装着したユーザーと、そこからの情報を受け取ってガイドする側のユーザー、それぞれが利用するための機能を実装しています。

ガイドする側のユーザー向けは、マルチデバイスに対応しており、パソコンのウェブブラウザでの利用、または専用アプリをインストールしたスマートフォンや、タブレットでの利用が可能です。

・目の不自由な人々の世界を広げる手段になってほしい

Q3:本格的なサービス化はまだ先だそうですが、現在の状況とそれまでの展開について、教えていただけるでしょうか。

本格的なサービス化には、もう一段、品質向上が必要だと考えており、現在取り組んでいる最中です。

また、その過程では、実証実験やモニターテストなども視野に入れており、実際に視覚障害者の方々に使っていただく中で、改善点を見出していきたい、と考えています。

視覚障害のある方に使っていただくサービスですので、やはりサービス化には、万全を期したいとの思いもあり、まずは品質向上に注力していくつもりです。

Q4:「guide glass」は今後、社会でどのような役割を担っていくのでしょうか。

新しいテクノロジーを活用して、今ある不自由を少しでも低減させることに役立てたいとの思いで、「guide glass」を開発しました。

これまで、さまざまな制約や不安から、一人での外出をちゅうちょされていた人々が、「guide glass」を使うことで、より自由に外出できるようになり、世界を広げるための手助けとなるような役割を、担ってほしいと思っています。

guide glass

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP