体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【3Dプリンターのひみつ②】3D大ちゃん制作の全工程を追ってみた

3Dプリンターを使ったオリジナルスマホケースを作ることができるauの人気サービス「3D PRINT LAB.」。前回、【3Dプリンターのひみつ①】では、T&S編集部が制作パートナーであるDMM.comのものづくり拠点DMM.make AKIBAを訪問し、オリジナルスマホケースが完成するまでの課程を取材することができました。

では、実際にどのような工程を経て製品が出力されるのか?

今回は、DMM.makeさんにお願いし、当サイトで連載中の「デジカル大ちゃん」を3Dプリンターで出力してもらい、3Dデータの作成からプリント出力、仕上げの作業まで、すべての制作工程を取材させてもらうことになりました。工場は加賀にあるとのことで、我々は北陸新幹線に乗って一路、金沢へ!

月の受注は数千件。いざ、3Dプリンター工場の本拠地へ!

T&S編集部がやってきたのは石川県加賀市。こちらにDMM.makeの3Dプリント工場があり、DMM.makeに発注される製品がすべて出力されるとのこと。最寄りのJR加賀温泉駅は、JR金沢駅から特急で約25分。駅の周辺には山代温泉、片山津温泉、山中温泉などがあり、昔から名所として観光客も多い地域ということだけど……こんなのどかなところに本当に3Dプリントの工場があるの??

やってきましたJR加賀温泉駅。駅前はとてものどかな雰囲気

【3Dプリンターのひみつ②】3D大ちゃん制作の全工程を追ってみた
【3Dプリンターのひみつ②】3D大ちゃん制作の全工程を追ってみた
現地周辺の取材に余念のない大ちゃんは、山代温泉の「古総湯」さんでお湯浴み体験。観光で訪れているお姉さんにも積極的に取材中。ポーッとしてるように見えるのは湯あたりのせいかな?

3Dプリンター工場は、配送センターの一角にあった!

目的地にたどり着いたT&S取材班の前に現れたのは超巨大な3Dプリンター工場……ではなく、超巨大な配送センター!? 実は3Dプリントを扱っている株式会社DMM.comは、配送センターにもなっている株式会社KCの関連企業。こちらの一角に、我々の目指す3Dプリンター工場があるのだ。

【3Dプリンターのひみつ②】3D大ちゃん制作の全工程を追ってみた
【3Dプリンターのひみつ②】3D大ちゃん制作の全工程を追ってみた
こちらが3Dプリント工場のある株式会社KC加賀本社。建物に入ってまず驚かされるのが、巨大なベルトコンベアだ。実はこちらの加賀工場、DMM.comで扱うDVDソフトなどの配送拠点にもなっている

出迎えてくれたセンター長の竹野内雅史さんに、3Dプリンター工場に案内してもらい、まずは前回、取材したDMM.make AKIBAとこちらの工場の役割分担について、聞いてみました。

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。