ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【橋P教えて!】映画デートでオススメの最新作は、マジで『マッドマックス』しかない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


<悩み>
映画デートでオススメの最新作は?
学生・22歳(男性)

<橋Pの回答>
「マッドマックス 怒りのデス・ロードこそ現行最高のデートムービー!(逆に、とかいう理屈じゃなくてマジでそういう話です)」

2015年は注目の大作映画がガンガン公開される当たり年なため、劇場に足を運ぶチャンスが増えがちだが、中でも、
今すぐに観るべき作品といえば「マッドマックス 怒りのデス・ロード」だろう。

そもそも、本作が公開週、興行収入が初登場1位にならないとは一体なんて世界だ!(米も「ピッチパーフェクト2」に次いで2位だった!)

たしかに、男性が熱狂する映画というイメージがとても強い作品であるし、実際、男が魅了される理由があるというのは映画媒体のレビューにある通りだ。
しかし、この映画はその先入観さえなければ、

「女性が主役」の映画であることは明白であり、「これからの男女のあり方」すら見事に提示し、描き切っているともいえる。

本作の荒廃した世界では悪の帝王、イモータン・ジョーが覇権を握っているが、そこで「子供を産む役割」のみのために囲われていた女性たちを連れて反旗をひるがえすのが女戦士・フュリオサ。実は、彼女の行動から物語が動き、彼女たちの逃避行や復讐譚がメインストーリーなのである。老婆軍団の勇猛な闘いぶりも必見!
そして主人公のマックスは、その「女の闘い」をサポートする男としての役割に物語的にはほぼ終始している。
男性優位社会に女性たちが立ち上がる!それを助ける真のフェミニスト・マックス!男女が共闘して男尊女卑を打倒していくなんて超リベラル!女の仕事を立てる男が主人公なんて今っぽい!

そんな映画と言っていい。

女性向け映画に男性が付き合う、という不均衡さもなく、デートムービーとしてのバランスが最高なのだ。車や銃などのガジェットやビジュアル全般は男をガッチリ魅了し、物語面では女性を激しく燃えさせる…。
キャッチコピーの「お前のMADが目を覚ます」の「お前」とはむしろ女性のことなのではないかと思えてくる。

男性が女性のマッドネスを呼び起こし、世界を変える。そんな映画体験ができると思えば、ほら今すぐにマッドマックス・デートへGO!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は6月20日(土)、新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他2D/3D & IMAX3D 公開
(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

文/橋本吉史

【ライタープロフィール】
1979年富山県生まれ。一橋大学商学部卒であり一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)OB。2004年TBSラジオ入社以来、主に番組制作を担当し現在はラジオプロデューサー業に。番組歴は「ストリーム」「小島慶子キラ☆キラ」ディレクター、「残業支援系ランキングトークバラエティ ザ・トップ5」「爆笑問題の日曜サンデー」「久米宏ラジオなんですけど」「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」「たまむすび」「ジェーン・スー 相談は踊る」プロデューサーなど。ラジオ界の世代交代を狙いつつ三十路街道爆走中。

それでもキツいという貴方はこの番組に相談を!
・TBSラジオ954kHz「ジェーン・スー 相談は踊る」(毎週土曜19:00〜21:00生放送)
http://www.tbsradio.jp/sd/
・TBSラジオ954kHz「たまむすび」(毎週月曜〜金曜 13:00〜15:30生放送)
http://www.tbsradio.jp/tama954/
・TBSラジオ公式サイト
http://www.tbs.co.jp/radio/
・radiko.jp
http://radiko.jp/

【お悩み大募集!】
そしてラジオに送るほどでもない、もしくは迷っているという相談や、橋本吉史氏への相談・質問を受付中!悩みをより具体的に書き、ペンネーム(本名でも可)・年齢・職種をお書きください。
アドレスはinform@teamaol.comです。

フォームからでもどうぞ!

関連記事リンク(外部サイト)

無駄に生きるか、何かの為に死ぬか決めろ!​『ランボー/最後の戦場』敵を殺した人数は?
BRAHMAN20周年!TOSHI
何人か死んでる!?製作期間12年&脚本なし!映画『マッドマックス』怒りの舞台裏
8月15日までの24時間!戦争終結のために戦った男達 映画『日本のいちばん長い日』予告編解禁
男気映画『激戦』、武闘派ダンテ・ラム監督の哲学 「人生は誰も助けてくれない」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP