ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Screen Shift : 画面の解像度、表示枠サイズ、DPI値をカスタマイズできるroot端末向けアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ディスプレイの解像度、表示枠のサイズ、DPI 値を調節して UI の表示サイズを柔軟に変更できる Android アプリ「Screen Shift」が XDA Developers で公開されました。Screen Shift で解像度を下げるとゲームの描画性能を高めることができ、表示枠を小さくすると大画面スマートフォンで「片手モード」のような縮小 UI を再現できます。また、DPI 値を変更するとスマートフォンでタブレット向けのレイアウトを表示することも可能になります。設定方法は、「Resolution」で解像度を、「Overscan」で表示枠の上下左右のサイズを、「Density」で DPI 値を変更し、それぞれのトグルボタンを ON にした状態で画面右下の赤いボタンをタップします。すると、カスタム値が適用されます。もし、設定内容が適用されない場合は端末をリブートしてみると良いでしょう。設定内容が反映される際には、「この画面設定を維持しますか?」といった内容のメッセージが表示されるので、それが出ない場合は失敗です。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、HTC J Butterfly HTV31にv1.03アップデートを配信開始、一部のアプリが起動しない問題に対処
FoursquareのAndroid版Swarmアプリにメイヤーシップ機能が追加
Meizu MX5がGFX Benchに登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP