ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベルセバのスチュアート・マードック、初監督作映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』8月1日公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベル・アンド・セバスチャンのフロントマン、スチュアート・マードックが監督を務めた映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』が8月1日より公開される。

 本作は、スコットランドのグラスゴーを舞台に、3人の男女が一緒に音楽を作りながら経験する、恋や友情、痛みを描いたミュージカル映画。拒食症のため、実家を離れ入院生活を送るイヴが、ある日病院を抜け出した時にジェームズとキャシーに出会い、深く関わるにつれてのそれぞれの心の変化や、音楽を通して見つけた生きる楽しみが描かれている。70年代風の衣装やポップな音楽が映画をカラフルに彩り、目も耳も楽しませてくれる作品だ。

 本作で監督デビューを果たしたスチュアートは、10年かけてプロデューサーのバリー・メンデルと共に作品を完成させ、現代のデジタル化において難しいとされる16ミリフィルムで撮影を行った。ところどころに散りばめられた音楽は、脚本の完成途中の段階からフルアルバムで録音された。

 主人公イヴに抜擢されたのはエミリー・ブラウニング。繊細な心をもつ難しい役どころのイヴを見事に演じ、透明感のある歌声で存在感を見せつけた。また、バンドのリーダーながら、自分の殻に閉じこもりがちな青年ジェームズは、自身がボーカルを担当するバンド、イヤーズ&イヤーズが、UKチャート1位を記録したオリー・アレクサンデルが選ばれた。そして、年下の女の子キャシー役は、イギリスのテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にも出演したハンナ・マリーが務めている。

 舞台となるグラスゴーは、スチュアート監督が大学生活を過ごした地。劇中では、イヴとジェームズが出会うライブハウスが、ザ・クラッシュやデヴィッド・ボウイらが演奏した歴史を持つ、バロウランド・ボールルームなど音楽ファンの心をくすぐる場面も登場する。本作は8月1日より新宿シネマカリテほかで全国順次ロードショー。

◎公開情報 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』
2015年8月1日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
監督・脚本:スチュアート・マードック
制作:バリー・メンデル
出演:エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデル、ハンナ・マリー
配給:アット エンタテインメント
(C)FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012

関連記事リンク(外部サイト)

『ターミネーター』シリーズ最新作、シュワルツェネッガー&エミリア・クラークのレッドカーペットに5組10名様をご招待
デヴィッド・ボウイのドキュメンタリー映画、アンコール上映が決定
レオナ・ルイスも出演!米ビルボードNo.1シングル満載のミュージカル映画『踊るアイラブユー♪』の試写会に10組20名様をご招待

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP