ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『虎影』西村喜廣監督インタビュー「“斎藤工”目当てで観てビックリして欲しいね(笑)」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


愛する者を守る為、男は再び刀を抜く―。人気俳優・斎藤工主演の忍者アクション『虎影』が6月20日より絶賛公開中。

監督・脚本は、『東京残酷警察』『ヘルドライバー』などを手がけ、公開を控える実写版『進撃の巨人』では特殊造型プロデューサーを務めている西村喜廣さん。以前より親交のあった斎藤さんとタッグを組み、西村ワールド全開の異色作品となっています。今回は西村監督に作品についてインタビュー。色々とお話を伺ってきました。

【関連記事】映画『虎影』斎藤工さんインタビュー 「僕の根っこの部分に近いものが作品に宿っている」
http://getnews.jp/archives/899514 [リンク]


―本作、拝見しまして個性的な作品なのに観終わった後の爽快感がスゴかったです。監督も脚本も担当されていますが、作品を作るきっかけというのはどんな事だったのでしょうか?

西村喜廣:『必殺仕事人』が好きで、ああいった作品を作ろうと思っていたんだけど、外国の人って“忍者”が好きじゃない? なので海外を意識して忍者アクションにしようと。

―斎藤工さんや出演者の方が来ている衣装は、俗にイメージする忍者の格好と違ってスタイリッシュで格好良いですよね。

西村喜廣:そう。忍者って色々な種類があって、サムライの様に時代考証をしっかりと作らなくても良いという利点もあるんだよね。自由に物語や動きを作りやすい。

―そんな自由なヴィジュアルや演出がありながら、『赤影』のオマージュがあったりして……。

西村喜廣:『赤影』なんて観た事無いでしょ?年代的に?(笑)

―はい、あの以前から観ていたわけではないですが、以前ガジェット通信で斎藤工さんのインタビューをさせていただいて、その際に『赤影』の話が出たので、拝見したんです。

西村喜廣:なるほど(笑)。俺は子供の頃に忍者ものってたくさん観たし、大好きだからこの映画につながっているのはあるんだけど、今の若い人は忍者ものってほぼ観た事無いんじゃないかな。でも忍者って格好良いんだよ。

―特に斎藤工さんのスタイルで日本刀を振り回したり、アクションをするとすごく格好良いですよね。

西村喜廣:俺これまで作ってきた映画って、全部女性が主人公で、今回初めて男性を主人公にして。それで最初から工しかいないって思ってました。でも、その時の工はブレイクの真っ最中で、スケジュールとれるかなっていうのが最初の壁だったんだけど、工も「やりたいです」と即答してくれたし、なんとか撮影日ももらって。でも、その数日後にドラマ『昼顔』のクランクインだったから、本当に危なかった(笑)。

―西村監督と斎藤さんは以前より親交があったという事ですから、斎藤さんも活き活き演技していた様に感じました。

西村喜廣:工はいい男だけど、本来はこっち側の人間ですから(笑)。だから、工目当てでこの映画観に来た人はビックリするだろうね、むしろして欲しい。Yahoo!映画のレビューが荒れるかなって(笑)。

―レビューとか観られたりするんですね。

西村喜廣:観ますよ、そりゃ! Amazonのレビューとか、結構酷いのあるよ「つまらなすぎてDVD割りました」とか。つまらないっていうなら買うなって思うんだけど、その情熱ってすごいよね。

―本当、わざわざ買ってまで嫌がらせするんですね……。本作はすでに続編も作ると宣言されていますが、やはり斎藤さん主演で?

西村喜廣:そうだね。ブリュッセルの映画祭で上映した時に反応が良かったから、やるよって言ったけど、それにはお金がいるからさ。工も「次も絶対出してください!」って言ってくれているから、もちろん作りたい気持ちはあります。でも、それを決めるのはお客さんですから。だから、みんな観てください! そして宣伝してください(笑)。

―私の個人的な感想ですと、この作品って本当は女性にウケるんじゃないかと。私もそうですが、スカっと楽しんでいただけると思うんですよね。今日はありがとうございました!


映画『虎影』公式サイト:
http://www.torakage.com/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP