ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もはや一眼レフは不要!?iPhoneの写真コンテスト作品が美しすぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今やスマートフォンのカメラでも、ハイクオリティな写真が撮れる時代。

以前ISUTAでは、iPhone6での撮影テクニック集についてもお伝えしたが、アプリやテクニックを駆使した作品がこちら。

iPhoneやiPadで撮影した写真コンテスト「iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)」の2015年の受賞者が発表された。

このコンテストは2007年にスタートしたコンテストで、iPhone関連の写真コンテストの中でも最も権威のあるコンテストの1つ。

今年のグランプリは、ポーランドのMichael Koralewskiさん。

ストリートミュージシャンの一瞬を切り取った写真は落ち着いた雰囲気ながらも、今にも音楽が聞こえてきそうな臨場感にあふれている。

そのほか、イギリスのDavid Craikさん、アメリカのYvonne Luさんらが受賞を果たした。

もちろん「IPPAWARDS」は、誰でも参加できるフォトコンテスト。

参加条件はiPhone、iPad、iPodのいずれかで撮影した写真であること、フォトショップなどの画像ソフトを使用していないこと(ただし、iOSのアプリは使用可)。

また、iPhone用の外付けレンズなども使用可能。

さらに、カテゴリーも動物、建築、子ども、花、食、ライフスタイル、パノラマなどなど多岐にわたっている。

エントリー料は1枚3.50ドル(約430円)からで、枚数によって金額が変わる。

2016年のエントリーはすでに始まっており、締め切りは2016年の3月31日。

お気に入りの写真が撮れた人はエントリーしてみては?

IPPAWARDS
http://www.ippawards.com/

iPhone(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP