ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピスタチオ お互い印象が最悪の2人がコンビ結成した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フォーマルなベスト姿でピッチリ前髪をわけ、「なん~のっ?」などの独特なイントネーションのツッコミと、白目をむくシュールな漫才で注目を集めているお笑いコンビ・ピスタチオ。そんな彼らに、現在のスタイルが誕生した経緯や、気になる収入について直撃した。

――昨年末の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)パクリたい-1グランプリで優勝されて、人気急上昇中ですね。

伊地知大樹:我々に気づいたなと。隠していたんですけど、とうとう気づくべくして気づいちゃったなと。

小澤慎一朗:仕事はリアルに10倍くらいになりました。

伊地知:元が本当にないんですよ。『アメトーーク!』の前なんて、まったくなかったので、その10倍は微々たるものですよ。

――最低月収はおいくらだったんですか?

伊地知・小澤:ゼロです。

伊地知:ぼくは芸人2年目から7年目まで、ホストとしても働いていたので、お金には困ってないんですけどね。ヨシモトとホストとで、銀行口座をわけていまして。ヨシモトの給料を5年くらいおろしてなかったんです。ホストを辞めて去年下ろしたら、9万8千円でした。5年間ですよ。月で割ったら1500円とか。

小澤:そんな状況からの10倍ですから。

――伊地知さんはホスト時代、最高月収400万円だったらしいですが、そのままホストをやっていこうと思わなかったんですか?

伊地知:なかったですね、まったく。もっと多くの人が俺を求めてるんじゃないかというのがあったので、それを感じて、歌舞伎町でおさまるのは違うなと。いずれ世界に飛び出さなきゃいけない男だと思っていますから。

小澤:記者さん笑ってらっしゃるけど、本気で言ってますからね。

――伊地知さんのホストは有名ですが、小澤さんはどんなアルバイトを?

小澤:ぼくはコンビニの夜勤です。彼がホストでブイブイ言わせている間に、ぼくはコンビニで夜中1人で「いらっしゃいませ」と言っていました。

――小澤さんのご実家はお金持ちだそうですけど。

小澤:祖父がカワダ(ダイヤブロックで有名な玩具メーカー)の創業メンバーなんです。こんな話があって。結婚記念日に祖父と祖母が旅行に行ったんです。千葉の勝浦なんですけど、この辺に別荘欲しいとなって。売ってるようだからって内見もせずに「ちょっと買って来るわ」って、両親へのお土産に買ってきたという。

――息ピッタリの漫才をされますが、お互いの第一印象は?

伊地知:気持ち悪いから、マジで近寄ってほしくなかったです。本当に嫌いでした。

小澤:ぼくも同じです。絶対ヤンキーだって感じで、超怖かったんですよ。ウルフカットで、サイドを金色に染めていたんですよ。そんな人怖いじゃないですか。絶対元ヤンじゃないですか。

――そこから、なぜ組むことになったんですか?

小澤:東京NSC を1年間で卒業した後に、講師がネタを見てくれる特別授業みたいなところで初めて一緒になったんです。話してみたら、すごいいい人だったんですよ。「あれっ、ヤンキーじゃないの?」みたいな感じだったんですけど。

 同期は800人ぐらいいるんですけど、ぼくは目立ってなかったんです。でも相方はピンでやっていて目立っていて、ピンでできる人ってすごいなと思ったんです。話していくうちに、お笑いのことを真剣に考えているし、この人すごいと思って、ぼくから声を掛けました。

伊地知:最初は「気持ち悪いな、なんだこいつは。嫌だなあ」って思いました。でも逆に、「あれ、こんな気持ち悪い人、ほかにいるのか?」って思っちゃったんです。

小澤:実は同期に、「伊地知の足を引っ張ってるのは、お前だからな」って、すごい言われました。

伊地知:養成所に1年通ってるわけですから、ある程度は誰しも、面識があるじゃないですか。でも小澤を知っている人が、卒業した中で10人に1人もいないんです。お笑いって目立ってなんぼの世界なのに、それと誰が組みますか? と。小澤と組んだと同期に言ったら、「マジやめたほうがいいよ」って皆に言われました。

――最悪なスタートですね。そこからコンビは、どう変わっていくんですか?

伊地知:相方に「気持ち悪いな」ってずっと言っていたんです。小澤はノンスタイルさんやナインティナインさんに憧れているので、ポップな感じの売り方をしたがって。この見た目なのに。ポップじゃない人たちが、ポップなことをしようとしても受けないですよ。

 そうするうちに、ぼくはホスト業にのめり込みまして。お笑い1ホスト9の生活になりまして。ほぼホストのやつと、ポップじゃないのにポップをやろうとしている奴が組んで、売れるわけがないんですよ。キャラものみたいなのもやりまくって、やりつくしたから、じゃあ解散しましょうとなったんです。

小澤:それで3年前、最後のライブの30分前に、今の形が決まったんです。スゲー仲が悪かったんです、解散ぎりぎりの当時。相方はホストなので、ネタ合わせで来ても、寝てる、二日酔い、営業メール。お笑いもしらないので、ネタも作らない。遅刻してきてすぐ帰るみたいな感じで、やる気ないじゃんってなってたんですね。じゃあ解散しようと。

 滑ろうがウケようが今日で最後だし、何でもやろうと。それで本番30分くらい前に書いたネタの設定がおかしくて。「男の人なのに妊娠しました」というネタで、設定が変なのに普通に話していてもちょっとな、という話から、このキャラクターができた。じゃあ白目むいてみようかとか、気持ち悪い七三分けにしてみようかとか、喋り方変えてみようかとなっていって。

伊地知:こいつを俺、面白いと思ったこと一度もなかったんです。こいつのボケで一度も笑ったことがなかった。だけどこのキャラを小澤に与えたところ、「この面白い生物はなんだ!?」って、腹かかえて笑っちゃって。近くにいて笑ったことがないぼくが、これだけ小澤を見て笑うってことは、絶対お客さんは笑うだろうと思って。

 そうしたらお前もやれって小澤が言ってくるので、じゃあ俺もやってやると。それで「どうも」って舞台に出たのが、ほぼ今の形です。それで出たら、当時のぼくらからしたら、尋常じゃないくらいウケまして。一切ボケてないんですよ、登場してマイクまで行く前に、とんでもない笑いが来まして。悲鳴というか、「キャー、気持ち悪い!」って言われて。その瞬間ズバッと心が射抜かれちゃいまして。歓声というか、気持ち悪いという声に「おれ芸人なんだ」ってその時実感したんです。

小澤:舞台をはけた後、解散だったので「もう終わりだね」って話になるはずなんですけど、「次いつネタ合わせにする?」って。解散の話がなかったかのように、お互い一切解散って口にしないんですよ。それで今に至る。

伊地知:奇跡みたいな話ですけど、今こうなっているのは運命だったんだと思いますね。

――現在、お互いの印象は変わりました?

小澤:悪い部分はありますよ、いい年こいて落ち着いてくれというのはあるし。でもやっぱり、お笑いはすごいので。ホストではNo.1という結果を出していて、その熱意が今はお笑いのほうに傾いて、仕事とかもいただけるようになったので。そこはすごいなと思います。

伊地知:今でも気持ち悪いと思ってますし、女々しい、イライラする、というのは悪い部分で。でもピスタチオは小澤ありきだと思っているので、感謝してます。

【ピスタチオ】
東京NSC13期生として出会った伊地知大樹(30才)と小澤慎一朗(26才)の2人により、2010年4月にコンビを結成。2014年末放送の『アメトーーク! 』(テレビ朝日系)パクリたい-1グランプリで優勝。独特の喋りと白目が印象的なキモキャラ芸人として、ブレイク。伊地知は歌舞伎町の元ホストでNo.1の経歴がある。ヨシモト∞ホールにて発動中!

撮影■田中麻以


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
滝クリ&小澤征悦 古着風ブランドペアルックでカフェデート
別れても好き? 滝クリ、元彼・小澤征悦の行きつけ店に通う
鈴木京香の43才セレブ誕生会に宮沢りえ、北方謙三ら来訪

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP