ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

問い合わせ殺到の篠原涼子桐生市ポスター 宣伝文句ない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ある1枚のポスターが、話題になっている。光沢のある黒をバックに、ノースリーブの黒いドレスを着た女優・篠原涼子(41才)がまっすぐ前を見据え、下のほうにはローマ字で大きく「KIRYU」の文字が並んだそのポスターは、一見すると、まるでファッション誌の表紙か化粧品の広告ポスターのようだ。

 実はこれ、群馬県桐生市の観光ポスター。篠原は桐生市出身で、女優として活躍しながら、俳優の市村正親(66才)と結婚し、2児の母となった今でも、桐生にたびたび里帰りするほど地元愛が強く、市内でも“目撃情報”は多い。そんな篠原は、2013年8月に同市の「観光大使」に任命された。

 観光大使とは、地域振興を目的として、対外的にその地をアピールする役割を担っており、その活動内容は多方面にわたる。

 篠原の場合は、桐生市の観光パンフレットにコメントと写真を提供したり、成人式にビデオメッセージを寄せるなどの形で地元に貢献してきたのだ。今回のポスターも、観光PR活動の一環で、なんとノーギャラでポスター撮影を引き受けたという。

「桐生には、『ひもかわうどん』や『ソースかつ丼』といった名物や名所がたくさんありますが、そういった文言をあえて入れず、篠原さんの魅力を前面に押し出して“桐生市そのもの”をアピールしました。ポスターを見て『桐生ってなんだろう?』、『ちょっと調べてみようかな』と興味を持っていただくのが狙いでした」(桐生市観光交流課)

 このポスターは群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」(東京都中央区)などに飾られているだけで、一般配布はしていない。そうしたPR戦略は、市の狙い通り功を奏し、桐生市には問い合わせが殺到した。

「『ポスターがほしい』『売ってほしい』とか、『どうやったら手に入るのか』といった内容を中心に、電話やメールで問い合わせを多くいただいています。多い時で1日100件以上、桐生市観光協会のホームページへのアクセス数は2万件以上です。なかには『今度、桐生市に行ってみます』という感想も届いていて、さっそくポスターの効果を感じています」(前出・桐生市観光交流課)

※女性セブン2015年7月2日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
幸福の科学元総裁夫人が「7億5000万円返せ」金銭トラブルに
大阪の商店街 精肉店のポスターに女性のバストのアップ写真
米倉・篠原の「W涼子対決」 まだ視聴率女王の決着つかず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP