体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コレって恋かも「11の瞬間」。気がつくと、相談してる・・・

150621_love-unobvious02

例えば、当たり前のような存在の幼なじみとか、お互いが認め合う仕事上のよきライバルとか。性別を超えた関係のはずだった相手に、いまさら自分が恋をしていると認めたくないこともあれば、それに気づかない場合もあります。

でも、ちょっとした行動や考えに、素直な気持ちが表れるもの。「Elite Daily」のライターPaul Hudson氏が、そんな「恋のサイン」について記事にしています。項目によってはツッコミどころもありますが、それも含めて楽しめるのでは。

shutterstock_176383043_R

一目惚れなんてものは存在しない。本当に「深い愛」という意味では。愛は育んでいくのに時間がかかるもの。

恋に落ちることにだって時間がかかる。前の恋愛を引きずっていたらなおさら。“その時”というのは、意外と自分では気づけないもの。でも、これから紹介する「11の瞬間」では突然、気づきが訪れる。

shutterstock_109579469_R

01.
声を聞いただけで、
テンションが上がる!

shutterstock_158889746_R

一緒にいる時はいつも素晴らしい時間を過ごせて、いつでも会いたいと思う。とはいえ、5日連続で会う約束をするのはためらうはず。それでも、やっぱり寂しくなってしまう。平凡な一日でも、相手とチャットを始めた途端に嬉しいものに変わる。

02.
妄想のなかでの、
登場回数が増える

最初は何かのタイミングでふと、その人を思い出す。これが全ての始まり。そのうち、日に2、3回は考えるように。最終的には、常に考えずにはいられない。

恋と妄想はセット。妄想の部分が、ロマンチックなもの。でも、そうなるには時間がかかる。その人を思う頻度がどんどん増えているようなら、恋に落ちていると考えていい。

03.
思い出すだけで、ニヤリ

shutterstock_133039268_R

もう止められない。止められたとしても、止めようとはしないはず。ちょっと考えるだけで、幸せな気分になるのだから。

側にいるわけでもないのに笑顔にさせてくれる人は、手放すべきではない。その人はあなたの人生をより良く、楽しいものにしてくれる。そんな人がいたら、あなたはとてもラッキー。

04.
“会うための準備”に
時間をかけるように・・・

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。