ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノスタルジックな雰囲気抜群の台湾はプチ旅行に最適

DATE:
  • ガジェット通信を≫


どこか海外に行きたいけれど、あまり遠出はしたくない! という気分の時におすすめなのが、台湾。
中国でも香港でもない、台湾はほどよい活気とノスタルジックな雰囲気が魅力的で、一度行くと何度でも足を運びたくなる、居心地のよいスポットがたくさんある国です。
私もすでに3度訪れたことがありますが、飽きることがありません。

ちょこっと海外旅行にぴったり!

東京から片道4時間弱という手軽なフライトに加え、時差がたったの1時間しかないことから、着いた瞬間から買える直前まで思いっきり旅行を満喫できます。
1泊2日でもかなりいろいろ見て回れるので、土日を使って行くのもよさそうです。

おしゃれなカフェから夜市の食べ歩きまで

20代女性にお勧めなのが、台北一のお洒落スポットである永康街(ヨンカンジェ)です。流行に敏感な若者の街でもあり、セレクトショップや西洋風のカフェ、レストランなどが建ち並んでいます。
カフェは外観にも凝っているものが多く、ぶらぶら歩いているだけでも楽しめます。台湾の名物フードであるマンゴーのカキ氷が堪能できる『Ice Monster』や、世界中のガイドブックで取り上げられている小龍包のお店『鼎泰豐(ディンタイフォン)』もありますよ。

台湾特製の美容パックは大注目!

さらに台湾は、日本女子が夢中になるコスメも充実。
日本でも人気の「我的美麗日記(私のキレイ日記)」シリーズも、本場ならではの種類の豊富さにビックリ! 美容液がたっぷり入ったこのシリーズは、かなりお得でしっかり潤うので、私も大量買いしました。
また、台湾はナイトマーケットが盛んで、会社帰りに夜の屋台でご飯を食べて帰ることが多いです。なかでも、師範大学の夜市は規模も大きく賑やかなので、ぜひ訪れたい場所のひとつです。夜市では食べ歩きを楽しむほか、糸を使った台湾独特の顔の産毛とり(!)を試してみることもできます。
夜遅くまでお店が空いているので、目一杯ショッピングやグルメを堪能できるところも嬉しいポイント! 日本語を話せる人が多いので、中国語がわからなくても大丈夫ですよ♪
woman train image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「太ったね」より嫌味!? 女友だちの「痩せたね〜」に込められた真意
女子グループの仲違いは、巻き込まれずに上手に振る舞う
私を見て! イタすぎる「セレブり女子」の実態

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP