ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生誕80年記念、赤塚不二夫作品のルーツに迫る展覧会が開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

赤塚不二夫が描いたキャラクターたちの誕生のルーツに迫る、「~赤塚不二夫生誕80年~ 赤塚キャラ誕生のひみつ展」が、明治大学の米沢嘉博記念図書館で開催される。

2015年で生誕80周年を迎える赤塚不二夫。1956年に『嵐をこえて』でデビュー。1962年に連載を開始した『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』、1967年の『天才バカボン』『もーれつア太郎』によって、一躍人気マンガ家に。作品は次々にテレビアニメ化され、それぞれのキャラクターが国民的人気を得た。
今回の展覧会では、赤塚が描いた登場人物たちの原画や、キャラクターや創作について語る彼の映像など、貴重な資料を展示。赤塚不二夫の娘・赤塚りえ子と手塚治虫の娘・手塚るみ子による対談や、当時の担当編集者・五十嵐隆夫によるトークショーなど、関連イベントも開催される。

~赤塚不二夫生誕80年~ 赤塚キャラ誕生のひみつ展
会期:2015年6月19日~10月4日
場所:明治大学 米沢嘉博記念図書館 1階展示室
住所:東京都千代田区猿楽町1-7-1
電話番号:03-3296-4554
開館時間:月金14:00~20:00、土日祝12:00〜18:00
休館日:火水木
URL:http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。