ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

園子温の個展「ひそひそ展」、Chim↑Pomがキュレーターとなって開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

園子温の個展『ひそひそ星』が、6月26日より高円寺・Garterで開催。

映画監督として『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』『地獄でなぜ悪い』といった数々の作品を手掛けている園子温。詩人として創作活動を開始して以降、1990年代には路上パフォーマンス集団「東京ガガガ」を主宰し活動、水道橋博士とのお笑いデュオを結成したり、ロックバンド活動や絵本執筆など、幅広く活動を展開している。

Chim↑PomとGarterによる不定期のアーティストランギャラリー「Garter」の記念すべき第1回展となる本展は、芸術家としての園にスポットをあてたもの。「東京ガガガ」のアーカイブや、新作ハプニングアート『ハチ公プロジェクト』、さらに、17年ぶりの自主制作映画『ひそひそ星』のインスタレーションバージョンの3作品が展示される予定。
会期初日にはオープニングパーティーも開催される。

園子温『ひそひそ星』
2015年6月26日(金)~7月26日(日)
会場:東京都 高円寺 キタコレビル Garter
時間:15:00~20:00
キュレーター:Chim↑Pom
休廊日:水曜
料金:500円
オープニングパーティー
2015年6月26日(金)17:00~19:30
会場:東京都 高円寺 キタコレビル Garter

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP