ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EP Review: フロー・ライダー “クールサウンド”と“ライダー節”が見事にミックスした渾身のEP盤

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 衝撃的だった。“ロウ、ロウ、ロウ…”と繰り返すフック、フロー・ライダーのデビュー曲「今夜はロウ☆ロウ☆ロウ」の、あのインパクト。そしてリリース翌年、この曲がまさか年間No.1をマークしてしまうとは…。

 その「今夜はロウ☆ロウ☆ロウ」含む、デビュー盤『メール・オン・サンデー』の成功でフェイドアウトすることなく、2ndアルバム『俺のルーツ』から、ケシャとデュエットした「ライト・ラウンド」が特大ブレイク、「シュガー」も続けてTOP10入りと、誰もが予想していた(?)“一発ヤ”とは言えない、言わせない風格を漂わせた。

 フロー・ライダーの成功は、ラップ界が必然的に衰退するであろう、EDMフィーバーの全盛期に登場したこと。そのブームを逆手にとって、ブラック・ミュージックをデジタリーに強調したことが、ポップシーンにもアプローチできたのではないか、と。

 その戦略がピークに達したのが、2012年リリースの『俺たちワイルド・ワンズ』。アルバムからは、「今夜も☆グッド・フィーリング」、「俺たちワイルド・ワンズ」、「情熱のホイッスル」、「想い出のアイ・クライ」すべてがTOP10入りする大成功をおさめ、もはやデビュー当時のお祭り騒ぎも“今こそが俺のピーク”と、覆した。

 マックルモア&ライアン・ルイスの「スリフト・ショップ」が、トップに君臨し続けた2013年頃から、ミュージックシーンにおけるエレクトロ色も薄れはじめ、70年代モノや90’sリメイクが流行しはじめた、今日。流行が移行しはじめたこのタイミングで、フロー・ライダーはどういった戦略をもって、新作を引っ提げてくるのか。

 その、結論を出したともいえる新作が、EP盤としてリリースされた本作『マイ・ハウス』。マックル~の影響下にあるような、ホーンセクションが黒人らしさを強調した先行シングル「G.D.F.R.」に、新境地を開拓したブランニュー・ライダーを垣間見た。

 これは何か、新しいことをヤらかしているぞ…と、フタを開けてみれば、「ブラード・ラインズ」を引用したかのような、ファレル流ファンク「アイ・ドント・ライク・イット、アイ・ラヴ・イット」があったり(しかもゲストには当人ロビン・シックが!)、ピアノベースのシンプルな仕上がりが、メロウ感を引き立てるタイトル曲、サンプリング使いがカニエっぽさを醸し出す「ワンス・イン・ア・ライフタイム」など、“激アゲMC”なんて肩書きを一層する、バウンスの効いたヒップ・ホップ・チューンが並ぶ。

 おそらく、どんな時代にも対応できる柔軟さをもち合わせた人なんだな、と思う。だけに、本作にも「ウォブル」やピットブル風味のお祭りチューン「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」、「ヒア・イット・イズ」といった、これまでの“ライダー節”が炸裂したナンバーもちりばめているので、その路線を期待している人にも、十分に楽しんでいただける作風に仕上がっているはず。

 まもなく、デビュー10周年をむかえるフロー・ライダー。時の経つ早さと、途切れることのないヒット・チューンの数々には驚かされるが、本作を聴くことで、その成功が時代の産物でなかったことを物語る。

 日本盤のみ、大ヒットシングル「G.D.F.R」のリミックスを3曲収録。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『マイ・ハウス[ジャパン・エディション]』
フロー・ライダー
2015/6/24 RELEASE
1,922円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

フェスをボイコット!? フロー・ライダー、賠償金支払いを免れる
フロー・ライダー、ツアー中の最もワイルドだった出来事
フロー・ライダーが4度目No.1へ! ほか最新チャート注目曲

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP