ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポップで謎な生首スリラー? ライアン・レイノルズ×アナ・ケンドリック『ハッピーボイス・キラー』公開決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

正体不明のなんだかおもしろそうな映画がやってきますよ。9月19日に日本公開となる『ハッピーボイス・キラー』。こちらの作品、“キュートでポップなスリラーだからCPスリラー(キューピースリラー)!”とテンション高く銘打たれているのですが、あらすじを読んでもさっぱり意味がわかりません!

ちょっとご確認ください……。

<ストーリー>
快活な青年ジェリーは、バスタブ工場に勤務しながら単調な生活を送っている、風変わりな魅力の持ち主。精神科医の助けを借りながら、職場で片思いしている女性に接近するが、その関係は彼女がデートをすっぽかしたことをきっかけに、突如殺人事件へと発展してしまう邪悪な猫と慈悲深い犬という2匹のペットに導かれるジェリーは、選択を迫られる――正気を保つために努力するか、それともはるかに邪悪な道に溺れていくか。これが、トンデモない展開に発展していく……。

主人公の“風変わりな魅力”ってなんだろう……。
片思いの女性にアプローチをするのに精神科医の助けを借りるのはなぜだろう……。
デートをすっぽかされたからって殺しちゃうのはなぜだろう……。
“邪悪な猫と慈悲深い犬”ってなに……。

読めば読むほどつかみどころのないこのお話。主人公は頭のイカれた青年なのでしょうか。そんな青年・ジェリーを演じるのは、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でデッド・プールを演じたライアン・レイノルズ。彼が片思いする女性はジェマ・アータートンが演じます。そして、『イントゥ・ザ・ウッズ』のシンデレラ役や『ピッチ・パーフェクト』で人気上昇中のアナ・ケンドリックも出演しているのですが……公式サイトを確認する限り、ジェマもアナも生首になって冷蔵庫に入れられてます。なにこれこわい。

一体どんなお話なのか気になってしょうがありませんが、日本版予告編が解禁されれば少し謎が明らかになるかもしれません……。映画『ハッピーボイス・キラー』は9月19日より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開です。どうぞお楽しみに!

公式サイト:happy-voice.jp

『ハッピーボイス・キラー』
監督:マルジャン・サトラピ 『ペルセポリス』『チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜』
CAST :ライアン・レイノルズ 『デンジャラス・ラン』『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』『グリーンランタン』/ジェマ・アータートン
『ヘンゼル & グレーテル』『ビザンチウム』/アナ・ケンドリック『イントゥ・ザ・ウッズ』『ピッチ・パーフェクト』/ジャッキー・ウィーヴァー『アニマル・キングダム』 『世界にひとつのプレイブック』
2014年/アメリカ/カラー/103分/DCP/原題:「THE VOICES」

(C) 2014 SERIAL KILLER, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP