ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音をリアルにキャッチ!スマホで操作できる小型の高サウンド録音マイク「Instamic」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Instamic音楽や会話などを録音したり、ビデオを撮影したりすることが多いという人は要チェックのマイクが資金調達サイトIndiegogoに登場した。

音をフルレンジでとらえることができ、スマートフォンでリモート操作できる小型マイク「Instamic」だ。

・録音モードは3種類

Instamicは録音モードがモノ、デュアルモノの「GO」バージョンと、モノ、デュアルモノにステレオも加わった「PRO」バージョンの2タイプある。どちらも周波数50〜1万8000ヘルツに対応する。

Instamicの売りは録音性能が高いことに加え、シンプルかつ使い勝手のいい操作性。

Instamic2例えば、バンドなどの演奏を録音したいとき、演奏者の近くにInstamicをセットして、遠くからスマホで操作することで、雑音を減らしより高品質の音をとらえることができる。

ちなみに、録音の操作は、Instamicについているボタンでもでき、オーディオファイルはUSBでコンピューターに取り込める。

・どこにでもセットできる

また、大きさが3.8×2.5×1.2センチ、重さはわずか18グラムとかなり小型で、クリップやマグネット、粘着テープなどでどこにでも取り付けられるのもポイントだ。

ムービーを撮影するという人は、登場人物や撮影セットにこのInstamicを取り付けることで、よりリアルな音を作品に盛り込める。

気になる価格はというと、IndiegogoではGOが99ドル、PROが129ドルとなっている(米国外への発送はプラス25ドル)。キャンペーンは7月16日まで。

Instamic/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。