ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一面純白に染まる世界一美しいフェスティバル「SENSATION」が日本初上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中でダンスミュージックを中心とした音楽フェスが乱立するなか、一際異彩を放っているダンス・フェスティバル「SENSATION」が日本に初上陸することが決定した。

オランダはアムステルダムで2000年に産声をあげたこのフェスは、EDMをはじめあらゆる最新ダンスミュージックを提供する音楽面もさることながら、もはやフェスの枠組みを越えた一流の舞台さながらのセットと演出、そのクオリティは世界随一。ステージでは絶えず鮮烈な光と炎がほとばしり、頭上にはエアリアルダンサーたちが舞い踊る。古代の祭儀のようであり、近未来感をも感じさせるそのステージは、決して他のフェスでは見ることのできない「SENSATION」ならではのエンターテインメント。

そして、それ以上に人々の心を鷲掴みにする「SENSATION」最大の魅力、それは全てが純白に染まるその世界観。見渡す限り一面が白く覆われたその世界——会場内における装飾は全て白を基調に施され、来場者のドレスコードも白で統一。音楽、セット、演出、それらすべてあわせ、もはや極上の総合芸術の域へと到達したその様は“世界一美しいフェス”と称されるほど。それだけに、現在では本拠:アムステルダムだけでなく、スペイン、オーストラリア、チリ、ドイツ、ロシア、ブラジル、イギリス、アメリカ、韓国、タイなど、世界33カ国で開催され、昨年はドバイで初の野外バージョンも行われるなど、常に話題に事欠かない、押しも押されぬワールドワイドなフェスとなっている。

そんな「SENSATION」が満を持して日本に初上陸することが決定。7月上旬に開催日程、会場、演目などの詳細が発表される予定だ。

Tell them we are coming – Japan 2015

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP