ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kate Spadeのユニークな試み 店舗オープン前のバリケードがインタラクティブなタッチディスプレイに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ScienceProject女性に人気のファッションブランドKate Spade。

ニューヨークに基盤に置くThe Science Projectとタッグを組み、ニューオープン前の店舗でも、潜在的な顧客にアピールしようと、インタラクティブなプロモーション「Theater of Retail」を実施した。

・バリケードに、タッチスクリーンパネルを設置

オープン前の店舗に設置されているバリケード。これにタッチスクリーンのパネルが取り付けられており、付近を通りがかった客の興味を引くように“touch me”と矢印とコピーが書かれている。

・客はディスプレイの質問に回答

ScienceProject2客はタッチスクリーンのディスプレイに表示される、ちょっと奇妙な質問に答えていく。

質問内容は「キラキラは、少ないのと多いのではどっちが好き?」「こんなディナーだったらいいなと思うのはどれ?」といったようなもの。

順番に質問に答えていくと、最後に、ユーザーの好みを反映して、メッセージとオススメのアイテムが紹介されるといった流れだ。

・客の好みにあったアイテムをリコメンド

ScienceProject3このオススメアイテムの結果は、emailで自分のスマートフォンなどにそのまま送ることも可能で、後で閲覧したり、オンラインショップで購入したりできる。

・顧客の傾向をデータとして吸い上げ、PRにつなげる

潜在的な客が、実店舗オープン前に店や商品に興味を抱くきっかけとなったり、話題づくりにもなるだけでなく、客の好みや傾向をキャッチし、データとして累積することで、今後の店舗運営に生かせるという強みにもなる。

今や、ファッション業界においてもECコマースでの売上げアップは重要課題で、実店舗とコラボレーションしながら、上手に売上げを伸ばそうという試みが取り組まれているようだ。

オープン前の味気ないバリケードを、顧客のニーズを掘り起こすプロモーション設備に変えてしまうこのようなプロジェクトは、そういった試みの一端を担ってくれそうだ。

The Science Project

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。