ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「抱かれたい男」ナンバーワン!斎藤工の恋愛名言集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

斎藤
6月20日、斎藤工主演の忍者アクション映画『虎影』の初日舞台挨拶が新宿武蔵野館で開催され、斎藤をはじめ、芳賀優里亜、西村喜廣監督などが登壇した。舞台挨拶では、斎藤演じる虎影の妻役を演じた芳賀が、斎藤のヤキモチやきの一面を暴露する場面もあった。
斎藤工と言えば、今、最も輝いている男性と言っても過言ではない。「抱かれたい男」ナンバーワンで、彼に壁ドンされたいと思っている女性も多いのではないだろうか?そこで、斎藤工の恋愛名言を集めてみた。
 

●20歳以降は数字はただの記号だと思っている。ファッションイベント「東京ミュゼ」に出席し「年上の女性はどうか?」と問われた斎藤は「素敵ですよね。いいんじゃないですか」とコメント。「とは言え、20歳以降は数字はただの記号だと思っているので。その人そのものが記号になってくると思うので、数字に縛られるのはバカバカしいなと思います」と持論を語った。それでもなお、「(恋愛対象になる女性の)年齢の限界は?」と追求されると、困ったような笑みを浮かべながら「そうですね…。でも親よりは年下の方がいいかなと思います(笑)」と話し、報道陣を沸かせた。(2015.4.8「モデルプレス」)
●完璧すぎるよりも隙がある方が惹かれる。雑誌「an・an」にて、斎藤は「メイクで、もしかしたら失敗してるかも?というところを見つけると、かわいいなって思います」と女性のメイクについて語り、「完璧すぎるよりも隙がある方が惹かれるんです」「個人的には、すっぴんになったときのリラックスした顔にもグッときます」と好みを明かした。(2015.3.9「モデルプレス」)
●女性的な弱さを見せられる人が逆にかっこいい。女性でかっこいいと思うタイプを「自立しすぎていない人」と挙げ、「女性的な弱さを見せられる人が逆にかっこいい」と持論を展開。さらに「女性ならではのかわいさ、両方をもっていてほしい」と願望を明かした。(2015.1.7「モデルプレス」)
●迫られるよりこっちから攻めたい。異性から迫られたらどうなりますか?と聞かれた斎藤は「それは相手によるんじゃないですか(笑)」としつつも「迫られるよりこっちから攻めたいですね」と積極的な恋愛観を明かした。(2014.10.14「モデルプレス」)
●結婚するっていうことが必ずしもゴールではなく、その先が必ずある。結婚の時期に関して「若い頃は30歳前後とか思っていたんですけど、今はそういう縛るものじゃないなと思いますね」と焦りはなく「結婚するっていうことが必ずしもゴールではなく、その先が必ずある。幸せな状態を生涯維持するのは至難の業なので、状態が変化する前提で一緒に乗り越えるパートナーが結ばれるべきなんじゃないか」と持論を展開した。(2014.9.26「モデルプレス」)
●恋人と一緒に、いろんな体験を共有したい。映画は1人で見るのが好きだけど、出かけるときは恋人と一緒に、いろんな体験を共有したい。冬なら暖かいリゾートとかに行くのではなくて、寒さを感じたい。恋人と温泉街に旅行に行って、雪の降る露天風呂に入るっていうのもいい。恋愛は、お互いが心地いい距離を見つけるのが難しいから、譲り合って2人だけの距離を見つけていくのが大切。(2012.1.26「YAHOO BEAUTY」)
●恋愛とは相手に対して、究極の“興味”をもつこと。相手を知りたい、見たい、という強い思い。だから、“どんなデートをしよう”“どんな服を着よう”と一生懸命考えたり、相手の反応が気になって仕方がなかったりする。普段は誰でもやっぱり、自分が中心の世界で生きているけど、恋愛すると、多かれ少なかれ、自分よりも相手を優先できる瞬間はある。その原動力が、究極の“興味”。相手に興味があるからこそ、ときには無茶することもある。(2012.1.26「YAHOO BEAUTY」)

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】結婚指輪をするようになったのって、いつから?
【どっちのミカタ?】夫や妻、彼氏や彼女とお風呂に入るの好き?
偉人たちの恋愛名言10選

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。