ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エビ中、やついフェスにてにレキシら転入生と豪華共演が実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私立恵比寿中学が6月20日、やついいちろう主催の音楽とお笑いのエンタテイメントフェス「YATSUI FESTIVAL 2015」に出演した。

同イベントは6月20日、21日と2日間の開催で、今年で4回目を数えるが、今まですべてチケットがソールドアウトしている人気イベント。また「日本で一番出演者が多いイベント」としても知られている。 エビ中は、6月20日14:30にTSUTAYA O-EASTに登場。同会場はエビ中がグループ初のワンマンライブを行った思い出深い場所でもある。

この日も恒例のSE「ebiture」からパフォーマンスが始まるかと思いきや、幕が上がるとステージ中央、DJ台の前に鎮座したタブラ奏者・ユザーンによる神々しいソロ・パフォーマンス。

そんな中エビ中のメンバーが上手と下手に分かれて4名づつ登場し立ち位置につくと、「チュパカブラ」(7thシングル「ハイタテキ」【チュー常磐】収録)からパフォーマンスがスタート。あまりに意表をついたオープニングに、オーディエンスも吃驚した様子だ。

同曲は、バクバクドキンのYUIが作詞・作曲・編曲を手掛けており、レコーディングにユザーンが参加していたことからこの共演が実現したが、曲終わりで改めてメンバーから“転入生”として紹介され、ユザーンのプロフィールに関してエビ中のメンバーがあれこれ質問するという一幕も。

続く2曲目にも“転入生”として魔法少女になり隊がステージに呼び込まれ、彼らの提供楽曲で2ndフルアルバム「金八」に収録の「ちちんぷい」をパフォーマンス。この日の為に彼らがが制作したスペシャル映像にあわせてアッパーなステージングを披露し、フロアを盛り上げた。

そして3曲目の“転入生”は、エビ中ファミリー(ファンの総称)にとってもお馴染みの“レキシ”こと池田貴史。エビ中レギュラー番組「永遠に中学生(仮)」での共演に始まり、さいたまスーパーアリーナでのゲスト参加など、今までの関係性の深さがうかがい知れる仲睦まじい和気あいあいとした雰囲気の中、前述の番組からうまれたレキシ書き下ろしの「頑張ってる途中」をパフォーマンス。

途中、現在レギュラー番組「エビ中++」を共にしている流れ星・ちゅうえいがハプニング登場する場面も見られた。

最後は、やはり2ndフルアルバム「金八」収録の「買い物しようと町田へ」でホーンセクションのアレンジを担当した渋さ知らズから4名のホーン隊に加え、ドラムス、ベース、ギター、パーカッション、トランペットが新たに参加。

さらにはエビ中の覆面バンドプロジェクト五五七二三二〇のデビュー曲「半世紀優等生」のプロデュースを手掛けたKenKenまでもがスペシャルゲストとして登場。

所狭しと居並んだ錚々たるミュージシャンとの豪華共演が実現した。エビ中の作品に関係した素晴らしいミュージシャン達との共演に、会場からは惜しみない拍手が贈られた。

次々と話題を提供するエビ中の夏は、まだ始まったばかりだ。

Photo by Soshi Setani

関連リンク

私立恵比寿中学 オフィシャルサイトhttp://www.shiritsuebichu.jp
私立恵比寿中学 YouTubeチャンネル「エビちゃんねる!」http://www.youtube.com/ebichusmej

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP