ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】ヤバい演出の台湾ドラマに日本中が大爆笑! 視聴者「笑いすぎて死にそう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾ドラマのワンシーンで、男性がトラックにひかれるシーンがある。本来ならば悲劇だし、決して笑えるシーンではないのだが、あまりにも演出が過剰だったため、日本中が大爆笑したドラマがある。

・どんな過剰演出だったのか?
この交通事故シーンはニコニコ動画やYouTubeにも掲載され、多くの日本人が「交通事故シーンで大爆笑」したのである。いま現在も、この動画がYouTubeに多数掲載されており、人気を博している。いったい、どんな過剰演出だったのか?

・一人の男性が道路に飛び出した
ドラマは、男女が数人で口論しているシーンからはじまる。そのとき一人の男性が道路に飛び出し、そこにやってきたトラックに衝突。ひかれてしまうのだ。ここまではシリアスなドラマとして理解できる。問題はここからだ。

・スタッフが真剣に作ったまじめな演出
ひかれた瞬間、男性が大砲で打ち上げられたかのように、豪快に空へと飛んでいくのだ! このドラマはけっしてギャグドラマではなく、マジメなシリアスなドラマである。つまり、スタッフが真剣に作ったまじめな演出なのだ。

・すぐにブレーキで止まれる速度
しかも、と楽はそんなに速く走っていない。どちらかといえば、すぐにブレーキで止まれるくらいのスピードで走っているのがわかる。どうしてあんな不自然な飛び方をするのか!! シリアスなシーンだが、日本中が大爆笑したのである。


https://youtu.be/F30tlkrCQMc

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP