ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人の女性でも楽しめる。「上品リボンヘアアレンジ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


湿気の多いこの時期は、同じようなまとめ髪ばかりになりやすく、ちょっと飽きてしまったり……。
いつもと違うヘアアレンジを楽しみたいときは、自分の髪の毛でリボンを作ってみるのもおもしろいですよ。
子どもっぽくならない、大人のリボンアレンジを紹介します。

リボンアレンジの作りかた

M3 Mallsさん(@m3malls)が投稿した写真 – 2014 12月 28 6:47午後 PST

1.髪を全体的に巻いておき、左右の耳上から毛束を取ります
2.  細いゴムでひとつに結びます
3.最後のひとくくりのとき、毛束が輪になるようにヘアゴムで挟み、残りの髪は下に流します
4.作った輪っかを指で左右に割ります。キュッと強めに引き締めておくと、あとで崩れにくくなります。リボンの内側の目立たない位置で、ヘアピンを留めます。上からと下から1本ずつ留めると固定しやすいです
5.下に流した毛束を一部とり、リボンの真ん中部分になるように巻きつけ、リボンの内側に通します。通した髪を引き、ピンで留めて完成です

襟足リボンなら大人っぽさアップ

WORKSさん(@workshairdesign)が投稿した写真 – 2013 9月 14 4:25午前 PDT

頭のてっぺんで作るリボンは子供っぽいけれど、襟足ギリギリで作れば、一気に大人ヘアに。
リボンの形をきっちり整えず、あえてラフに作ることで、頑張ってないのにどこかかわいいという、力の抜けた魅力を演出できそう。

三つ編みの毛先だって抜かりなく

@acotu2が投稿した写真 – 2014 11月 15 6:10午前 PST

ついついそのままになりがちな三つ編みの毛先に、リボンアレンジをプラスして、先端まで気を抜かないおしゃれ心をアピール。
細かい部分まで作りこむこだわりが、みんなとはひと味違う個性を生んでくれそうです。
大きさや作る場所を変えるだけで、大人の女性でも通用する上品リボンアレンジが可能に。いろいろ試して、自分にしっくりくるリボンヘアを模索するのも楽しそうです。
woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
梅雨のうねりやすい前髪を、ふっくらキュートにまとめるアレンジ
プチプラで便利。『フライングタイガー』の使えるヘアグッズ
初夏にぴったり。リラックス感のあるアシンメトリーヘア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP