ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

究極の美人画!着物の美人女性を描き続け、絵を描くために生き続けた日本画家「上村松園」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上村 松園(うえむら しょうえん)という日本画家を知っていますか?絵画に興味のある方であればその名前を聞いたことがある人は多いかと思います。私も名前は聞いたことはありましたが作品自体を拝見したことは今までありませんでした。

上村 松園は明治時代〜昭和にかけて活躍した女性日本画家で、1948年(昭和23年)には女性として初めて文化勲章を受賞した画家として知られています。上村 松園は一生涯 美人画を描き続け、数々の名作を遺しています。上村 松園が残したとても印象的な言葉があります。

「気性だけで生き抜いて来たとも思い、絵を描くためにだけ生きつづけて来たようにも思える。
それがまた自分にとってこの上もない満足感をあたえてくれるのである。」

この言葉には上村 松園が生きた時代背景も影響しているのでしょう。活躍した当時は男尊女卑の強い時代であり、展覧会・博覧会で作品が高く評価される一方で、男性画家たちからは「女のくせに」と、ライバル視というよりは嫉妬あ憎しみの対象になっていたと言います。

そういった時代にも臆することなく上村 松園は気品高い美人女性の姿を描き続けて生きました。作品から感じられる女性の気高さ、上品さなどは上村松園自身の生き方が投影されているかのようです。

上村松園「焔(ほのお)」(1918)

焔(ほのお)は上村松園の代表作の一つ。代表作の一つでありながら松園の普段の作風とは違い、怨念のようなものが感じられます。
東京国立博物館

上村松園「花がたみ」(1915)

こちらも代表作の花がたみ。一見すると優しい絵のように見えますが、着物は乱れ壊れた扇子が地面に。踏まえて改めて女性を見返してみると悲しみに満ちた表情のように感じてきます。

世阿弥原作の謡曲「花形見」(花筺)に登場する照日の上。紅葉が舞い散る中、武烈天皇崩御により都に上ることになった男大迹王子(おおどのみこ・後の武烈天皇)との別れに錯乱して舞い狂う姿だという。
くろまっくのぼやき。

上村松園「序の舞」(1936)

そして上村松園の作品の中でもっとも人気高い作品がこちらの序の舞。序の舞

人気の高い作品の他にも上村松園の作品はどれも美人画の極みのような完成された世界を感じます。

上村松園「人生の花」(1899)

上村松園「虫の音」

上村松園「待月」(1926)

上村松園「ほたる」(1913)

てんとうむしの庭へようこそより

上村松園「新秋」

メナード美術館

上村松園「庭の雪」(1948)

Art Annual online

上村松園「春芳」(1940)

上村松園「春のよそをひ」(1936)

美術館探訪 ARTNEWS アートニューズ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

可愛い妖怪たくさん!「東京モノノケ」ちょっとクセあるかわいいイラストがステキ
あぁ、完成された風景…。和室で化粧をする浴衣姿の女性が美しすぎる!
合戦や戦争に注目した浮世絵展「浮世絵の戦争画」開催!歌川国芳や月岡芳年の作品も

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP