ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手術中、ずっとママのそばを離れない赤ちゃんコアラ。胸がキュンとなる親子愛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。
すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送されました。子どもは無傷でしたが、お母さんは重傷。顔に傷がつき肺も潰れ、すぐ手術を行う必要がありました。

手術のために子どもをお母さんから引き離そうとしましたが、しがみついて離れません。獣医たちは、子どもがあまりにも小さいことを考慮して、無理に引き離さず手術することに。

子どもはまるで、お母さんを守るようにぎゅっとしがみついています。手術中も、ずっとお母さんから離れません。

幸いお母さんは一命をとりとめ、順調に回復しているとか。親子はリジー、ジョーイとそれぞれ名付けられ、回復をまって野生へと返される予定です。
コアラ親子の感動動画は、こちらから。

Licensed material used with permission by NewsBeat Social

関連記事リンク(外部サイト)

【深い】年老いた父親に、腹が立ち激怒する息子。その瞬間、父親がとった意外な行動とは?
匿名で寄付されたウエディングドレス。そこに貼られていた「手紙」に、世界中が涙
幼稚園と介護施設が一緒になる!?米シアトルで始まった試みに、世界中で絶賛の声!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP