ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

法律で「日付」が定まっていない祝日って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 いわゆる「祝日」は「国民の祝日に関する法律」において定められています。そして、その定められた日が一般的にはお休みになります。

 さて、当該法律において、いつが祝日か定められていないものは次のどちらでしょうか?

(1)海の日
(2)建国記念の日

A.

正解(2)建国記念の日

 基本的には「国民の祝日に関する法律」において定められた日が祝日となります。ところが、いくつかの祝日は法律において日が定められていません。そのひとつが建国記念の日です。法律においては「政令で定める日」とされ、具体的な日の決定は「建国記念の日となる日を定める政令」(昭和41年政令第376号)によっています。
 2月11日は、かつて「紀元節」という祝祭日だったのですが、昭和23年(1948年)に一旦廃止になりました。その後、紀元節を復活させる機運が高まりましたが、紀元節が初代天皇である神武天皇即位の日であったことから、歴史認識をめぐり国会で意見が対立。各党の協議により、「建国をしのび、国を愛する心を養う」という趣旨のもと、具体的な日を定めずに「建国記念の日」を祝日とする祝日法改正案が昭和41年(1966年)6月に成立しました。
 その後、約半年間の学識者らの議論により「2月11日」が建国記念の日である旨が定まり、政令によって日を定め、ようやく祝日として成立したという経緯があるためです。

 経緯を知ると、なんだかありがたみが増してきませんか?ちなみに、春分の日と秋分の日は太陽が春分点、もしくは秋分点を通る日であるために、祝日法で日が特定されておらず、前年の2月に暦要項が官報で公告されるまで日が決まりません。

 一方、海の日は平成13年(2001年)の祝日法改正により、平成15年(2003年)から「7月の第3月曜日」となり、毎年の具体的な日付は変わりますが、法律で日が特定されています。

元記事

法律で「日付」が定まっていない祝日って?

関連情報

法律によって日付が決まっている「国民の祝日」はどれ?(法律クイズ)
あの祝日の意味は一体?!(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。