ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べるのがもったいない〜!天の川をイメージした和菓子が美しすぎて思わずウットリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

和菓子の本場である京都において、今あまりにも美しいと評判になっているお菓子があるのをご存知でしょうか?それは七夕の世界を巧みな色合いで表現した「天の川」というお菓子で、1865年創業の京都の老舗「七條甘春堂」による一品です。

昨年もネットでその美しさが話題となりました。

これはホントに美しい!色が重なり輝くようなグラデーションの上に、星をイメージした銀箔が散りばめられた様子は間違いなく天の川ですね。これはずっと見ていたくなります。

特にうっとりさせてくれる上部の青色部分には寒天を使用。とても透明感のある琥珀羹となっています。一方下部は味甚羹と小倉羹の二層に分かれており、その芸術作品のような作り込みには圧倒されるばかり。身近に楽しめる七夕というには、かなりの高級感です。

この完成度なら値段もきっとそれなりにするだろうな〜と思いきや、なんと1本864円(税込)というお手頃価格。これは早速手に入れるべきものですが、あまりの人気に早くも予約販売は終了してしまっているようです。

しかも6月1日から店頭販売期間がスタートしたばかり(8月13日頃までを予定)だというのに、すでに店舗によっては品薄状態だそうです。現在のところでは七條甘春堂の北千住マルイ店と溝の口マルイ店で取り扱いがありますが、やはり品薄となっている状況なので、確実に問い合わせた上で購入に行かれた方が良いと思います。

とはいえまだまだ入荷予定はあるそうなので、お菓子としての存在が惜しいくらい素敵なこの「天の川」を、ぜひじっくり眺めて堪能してみてください。これは絶対直接見たいですね!

七條甘春堂公式ホームページ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

「考えない」ことに行き着いた若きお坊さん小池龍之介
七夕限定コアラ、ゲットだぜ!ロッテ「コアラのマーチ」に七夕限定商品が登場
青いどら焼きキターー!あの「青いあんこ」を使用した「ラムネあんどら焼き」が限定発売!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP