ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「東京おもちゃショー2015」開催!リニアモーターカー玩具やスター・ウォーズグッズが人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京おもちゃショー2015

東京ビックサイトで6月18日〜21日、国内最大規模の玩具見本市「東京おもちゃショー2015」が行われた。

玩具産業の活性化を促進し、玩具の素晴らしさを国内外にアピールすることを目的に毎年開催している同イベント。18日・19日は商談見本市(バイヤーズデー)で、20日・21日は一般公開(パブリックデー)。

54回目となる今回は、149社が出展し約3万5,000点の商品をアピール。「新技術・新機軸」を導入したさまざまな新しい玩具が登場しており、今年のキーワードは「夢の実現」「ウェアラブル」「インタラクティブ&コミュニケーション」。

「東京おもちゃショー」は毎年7部門の「日本おもちゃ大賞」を発表しており、「イノベイティブ・トイ部門」では、本物と同じように磁力浮上・磁力走行する量産型ミニチュアリニアモーターカー「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」(3万7,800円)が大賞を受賞。発売元のタカラトミーのブースでは、スケールスピード時速500Kmを突破する同商品を見ようと多くの来場者が詰めかけた。

「ウェアラブル」の玩具では、女の子が好きな要素を詰め込んだという腕時計型端末「ジュエルウォッチ」(セガトイズ)や、写真・ビデオ・マイク・ゲームなどの機能を搭載した子供向けスマートウォッチ「プレイウォッチ」(タカラトミー)が登場。

最新技術を搭載した玩具が多く出展されており、スマートフォンを本体にセットすることでVR(バーチャルリアリティ)体験ができる「ボッツニュー」(メガハウス)や、描いた魚を取り入れてiPhone上の水槽で泳がすことができる「おえかきすいそう ピクチャリウム」(タカラトミーアーツ)などに注目が集まった。

今年のイベントは多くのフライトトイが登場したのが特徴。バンダイナムコグループのCCPからは、世界最小トイヘリコプター「ピコファルコン」や、デジカメにもなるカメラ搭載マイクロヘリコプター「ナノファルコンデジカム」、スターウォーズのミレニアム・ファルコンなどの機体を飛ばすことができるミニチュアのフライトトイなども登場。

少子化の中で玩具業界は、ハイターゲット市場拡大に向け試行錯誤しており、超合金の「グレートマジンガー」(4万9,800円)や、「天空の城ラピュタ」の小型飛行機「フラップター」を再現したフィギュア(1万2,960円)などハイクオリティの高額商品が多く登場。日本最長の寝台列車・トワイライトエクスプレスの車内を1/12スケールで再現した商品や、石や砂などで風景を表現する日本の庭園様式「枯山水」を再現できるジグソーパズルなども話題になった。

2015年は「スター・ウォーズ」の新作映画が公開ということで数多くのスター・ウォーズ商品が会場に並んだ。親指サイズの「R2-D2」をライトセーバーで操作し走り回すことができる商品や、プロジェクターを内蔵した無線可動の「R2-D2」、ハイクオリティフィギュアなどが展示された。ドームスクリーン型アーケードゲーム「スター・ウォーズ:バトル ポッド」は会場で試遊ができ、6月18日からは456万円で個人向け販売も開始した。

さまざまな新しい玩具が登場した「東京おもちゃショー2015」。多くの来場者で盛り上がったイベントの様子を以下で写真レポートする。

本物のリニアモーターカーと同じように磁力で浮上、走行するTAKARA TOMYの「リニアライナー」

独自開発により各車体の四隅に設けた永久磁石によりレールから約2mmほど浮上し、磁石同士の反発のみを推進力とした夢のリニアモーターカーが誕生!スケールスピードは時速500kmを超える!

タカラトミーの銃撃バトルロボット「ガガンガン」のブースでは、コラボを行った人型四脚ロボット「KURATAS(クラタス)」も登場。

ガガンガン クラタスモデルは、水道橋重工との共同開発により、独自の駆動方式による爽快な操作性と赤外線通信で2体での銃撃バトルを可能にした。

アニメ「トランスフォーマー アドベンチャー」の主役である「バンブルビー」をモチーフにした完全自動変形玩具の実現化検討モデルも登場。車の状態から完全変形し1.3メートルのロボットになる様子が公開された。


TAKARA TOMYの子供向け高スペックスマートウォッチ「Play Watch」。カメラ、ムービー機能、エフェクト付ボイスレコーダーやゲームも内蔵されている。

セガトイズから発売された女児向けウェアラブルトイ「Jewel Watch」傾斜センサーを生かしたテニスなどの運動アプリも搭載している。

カプセルトイ自販機を遠隔操作して自宅まで配送してくれるサービス「ネットdeカプセル」の実演も行われていた。日本国内のみだが7月からテスト販売開始予定。

音楽にあわせてキャラクター達が行進するSTAR WARS スペースオペラは数々の名曲とセリフを収録し、連結するとキャラクターの動きが連動する!最大80体まで同時に行進できる。

スター・ウォーズイヤーの今年は沢山の関連商品が発表されたが、親指サイズ(30ミリ)の1/32スケールのナノドロイドR2-D2はライトセーバー型コントローラーでリアルな動きを再現し注目を集めていた。

STAR WARSの人気の機体がフライトトイで登場!ジャイロセンサー搭載で全長約90mm。3機同時飛行も可能なので遊び方も広がる!

名将 MOVIE REALIZATION 「侍大将ダース・ベイダー」


カプセルトイ「STAR WARS
ストーム・トルーパーといっしょ」

ピッチャーの投げたボールが本物の野球と同じように、空中を飛んで打者に向かっていく「野球盤3Dエース」

日本の庭園、枯山水がジクソーパズルになった。実際に枯山水に使用される天然石や人工苔マットが付属している。日本の文化を感じられるジクソーパズルはインテリアとしても楽しめる。


マスクを超えたハイクオリティマスクシリーズ。コスチュームセットも販売している。

ギネス記録を塗り替えた世界最小のRCヘリコプター「赤外線ヘリコプター ピコファルコン」

ナノファルコン:カメラ付き超小型ヘリ。静止画、動画をマイクロSDに保存出来る。一眼レフカメラの様なデザインのコントローラーにヘリを収納した状態ではデジカメになる。

Parrot社のミニドローン「ローリングスパイダー」は床から壁、天井までどこでも転がるクワッドコプター。本体下部のカメラで静止画も撮影可能。

Parrot「Bebop Drone」は1400万画素の魚眼レンズカメラを搭載。フルハイビジョン映像で思いのままに空撮可能。

VTOL-WINGはリモコンのボタンワンプッシュで主翼が可変しオスプレイのように垂直に離着陸ができる飛行機。

1/21スケールの鉄道車両内装模型「トワイライトエクスプレスB寝台」は室内灯や読書灯も点灯し、付属のサウンドユニットで走行音や汽笛などもリアルに再現出来る。価格は32,400円(税込)

自宅で気軽に本格的なラーメンを作ることができる「おうちでラーメン屋 極麺づくり」

野球のバット型玩具「ライブ中継!スイングベースボール」はバットに内蔵した3D加速度センサーが連動し、スイングの動作を認識してプロ野球中継の音声実況が流れる。

描いたサカナが水槽の中で泳ぎだすiPhoneを使ったアナログとデジタルの融合商品!「おえかきすいそう ピクチャリウム」

天空の城ラピュタの小型飛行機「フラップター」は劇中の羽ばたきを忠実に再現し、オリジナル発光ギミックも付いている。

ふくらませて!かぶる!大きなヘッドマスクDodeca Head(ドデカヘッド)

新幹線変形ロボ シンカリオンSHINKALION E5はやぶさ

参考出品されていたシンカリオンE6こまち

フレームフォームの各パーツを折りたたむことで、直感的な組み立てができるプラモデル「超次元変形フレームロボ」。3つのフォームに変形が可能で、フレームフォームに戻すことも可能。

ウルトラマンXの劇中車日産リーフも初披露。


キャンディ一粒でわたあめが作れる「Newあめdeわたあめ」はあめの数だけ味のバリエーションが楽しめる!

EVANGELION本格派アウトドア用テント「寝るふ本部」発売決定!

エポック社のカプセルトイ「記者会見セット」

エポック社のカプセルトイ「俺らのたまり場」と「私たち、サボリーマンですが、何か?

MegaHouse 放課後の怪談シリーズ 理科室の模型復元パズル ウシ模型

MegaHouse 放課後の怪談シリーズ 理科室の模型復元パズル 人体模型

美少女戦士セーラームーン ぷちきゃら でらっくす!


美少女戦士セーラームーン PROPLICA スパイラルハートムーンロッド 
Sailor Moon PROPLICA  Spiral Heart Moon Rod

おすすめ記事
東京おもちゃショー2014開催、ドン・クラッツァが現地レポート!
http://yattarjapan.com/3004577/

東京おもちゃショー2013参加レポート 「日本のおもちゃは一大ビジネスだ!」
http://yattarjapan.com/3257/

▼リンク
東京おもちゃショー2015
http://www.toys.or.jp/toyshow/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。