ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

童謡でお馴染みのアイアイ 死や不幸の象徴として恐れられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界には様々な動物が存在し、その中には見た目が非常に不可解な珍獣もいる。例えば、ツチブタ。見た目だけではブタなのか、イノシシなのか、ウサギなのかよくわからない。

 ツチブタはウサギのような耳を持ち、アリクイのようにアリを食す。頭蓋骨がもろく、頭を打つと致命傷になる。白亜紀末期に出現した原始草食動物ではないかと考えられている(生息地:アフリカ、体長:100~160センチ)。

「小さすぎるネズミ」として知られているのが、コミミトビネズミだ。大きさは500円硬貨程度、重さは約5グラム。世界最小の哺乳類といわれるコミミトビネズミは、後ろ脚で跳びながら移動する。ほとんど雨の降らない高地で、砂地に穴を掘って生息する(生息地:パキスタンなど、体長:35~45ミリ)。

 ヒョウ柄のネコのように見えるのがサーバル。「サーバル」とはスペイン語で猟犬の意味。その立派な耳は感度抜群で、地中にいるネズミの動きも感知できるといわれている。後ろ脚が発達しており、高さ2メートル、幅4メートル程度を軽々ジャンプする(生息地:サハラ砂漠以南のアフリカ、体長:約1メートル)。

 別名「悪魔の使い」といわれるアイアイの幼年期の見た目も凄い。童謡でお馴染みのアイアイだが、その風貌は、大きな耳とぎょろりとした目、コウモリを思わせる細長い中指……と、あまりに奇怪。生息地の多くで、死や不幸の象徴とされて恐れられている(生息地:マダガスカルなど、体長:35~45センチ)。

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペット大好き妻「初恋のケンちゃんにそっくり」と針鼠を購入
花粉症はかつて「マッカーサーの置き土産」と呼ばれていた
ジャンクフードがやめられぬ訳 薬物中毒と同様の症状を確認

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。