ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大量通知送付に消極的な年金機構 「消えた年金」再燃を懸念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年金情報大量流出事件の被害は底が見えない。政府は約125万件の年金情報が流出したと発表し、そのうち「氏名」「年金番号」「生年月日」「住所」の4項目の情報が漏れた被害者(1万5302人)から順に通知を送ることにした。

 そもそも、政府が発表した流出件数「125万件」という数字自体が超希望的観測である。日本年金機構の水島藤一郎・理事長は国会で「125万件で打ち止めか」と質問され、「残念ながら、さらに流出件数が拡大する懸念はある」(6月3日)と答えたが、情報流出の経緯や実態については「警察の捜査中」を理由に開示せず、その後もほとんど明らかにしていない。国民の怒りを恐れ、情報隠しに徹する姿勢である。

 さらに事態を悪化させているのが年金役人たちのサボタージュだ。全国の年金事務所の窓口では、相談者の年金番号を職員がパソコンに打ち込むと、情報流出していた場合、画面に印が点滅して漏洩を知らせる仕組みだ。流出がわかると、窓口の職員が謝罪の言葉を述べる。ところが、その後の対策は何もしない。流出件数が最も多い沖縄の被害者がこう怒る。

「窓口で『あなたの情報は流出しています』と謝られました。心配だから年金番号をすぐに変えてほしいと頼むと、『いつになるかわかりません』という。これではとても安心できません」

 流出被害者への通知送付作業も遅々として進まない。年金問題に詳しい経済ジャーナリスト・磯山友幸氏は、その裏に重大な問題が潜んでいる可能性があると指摘する。

「年金機構は大量の通知送付に消極的です。その理由を探ると、機構は“何十万件も通知を出せば届かないケースが続出すること”を心配しているようです。つまり、年金機構が加入者の住所を把握していなかったり、氏名や住所を間違っていたりすることがわかってしまう。それは、年金記録のミスであり、新たな『消えた年金』問題につながっていきます」

「漏れた年金」が「消えた年金」問題を再燃させる可能性があるというのだ。

 この6月後半に、年金機構の役職員にボーナスが支給される。今回の情報流出に伴う減額措置はない。同機構の業務評価は厚労省の社会保障審議会が行なうが、「前年度の業績で評価されるため、今回の情報流出(5月)によるボーナス減額は勘案されなかった」(厚労省関係者)からだという。

 塩崎恭久・厚労相は情報を漏らした年金機構の職員たちにはボーナスを満額支給する一方で、被害者に対しては「金銭的な補償を行なう考えは、今は持っていない」と語った(その後、厚労省の樽見英樹・年金管理審議官は「しょうがないですねと申し上げるつもりはない」と軌道修正した)。

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年金情報漏洩 塩崎厚労相は評論家然として当事者意識希薄
年金機構 入れ替わりの激しい職場で非正規職員の不満渦巻く
年金機構 正規職員は冷房の効いた部屋で非正規をアゴで使う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP