体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!

世界の多くの国々で人気のオランダ発祥菓子、「ストロープワーフル(英語名称:ストロープワッフル)」。2枚の固めで薄いワッフル生地の合間に、キャラメル状のシロップがはさまった、円状のお菓子です。

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!

オランダ旅行のお土産定番品でもあった上、最近では海外食品輸入店やコンビニエンスストアなどでも販売されており、日本でもぐんっと身近なお菓子となってきているようです。

また海外でも大人気の一品となっています。

例えばニューヨーク。昨年アメリカ人のパン職人が作ったストロープワーフルが注目を集め、今では市内で50店舗以上に卸されるようになったそうです。またパリに出店したオランダ発の人気大型雑貨店では、ストロープワーフルは大の売れ筋商品とのこと。

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!

それ以外でも、インドネシア、南アフリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、パキスタンなど、オランダ人が移住した先の国でストロープワーフルを製造・販売したところ、大きなビジネスへと発展した逸話も多々あるそうです。

さてこのお菓子の起源ですが、19世紀初め、チーズでも有名なオランダのゴーダという町で生まれました。このためオランダでは、「ゴーダのワーフル(ワッフル)」と呼ばれることもあります。

パン屋さんが、お菓子パンやケーキなどを作った際に残った生地やシロップで作成したため、とても安価ながら美味しいお菓子として地元で売れ始めました。当時、ゴーダ市内だけで100軒近くのお店ができたとのこと、人気のほどが分かります。

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!

1870年以降は、ゴーダ市外にも広がりを見せ、オランダ中で広く販売されるようになりました。そして現在では何と、オランダ人一人当たり、年平均30枚食べると言われるほどに。まさにオランダ国民の「必須お菓子」となっています。

定番品は直径10センチですが、直径5センチの一口サイズから、直径25センチのスーパーワーフルまで幅広く展開されています。またサイズばかりではなく、シロップの味の種類が増えてきたり、ワッフル生地に使う原材料に工夫を凝らしたりと、様々なバリエーションも出てきています。

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!

またオランダ国外でも生産されていますが、長年ストロープワーフルを焼き続けるオランダ人職人さん曰く、「ストロープワーフルは、オランダの原材料を使って焼くのが一番さ!」とのこと。

そこまで言われるのならと、正統派のオランダ製のストロープワーフルを求めて、オランダ国内を旅してみました。

まず訪ねたのは、オランダの多くの町で毎週行われる野外マーケットに出ている、ストロープワーフル屋台です。

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!

ここでは、10枚程度のワーフルが包まれたもの、贈り物やお土産用にもなるオランダらしい可愛い缶入りのものなどが売られています。

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう! 本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!

また何よりの目玉は、屋台の鉄板で焼いた出来たての大きなサイズのストロープワーフルです。

本場オランダで、世界で大人気のストロープワーフルを食べてみよう!
1 2次のページ
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy