体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【激ウマ】ラーメン二郎を超えた二郎系ラーメン屋『盛太郎』が凄いぞ! タマネギ無料かけ放題!!

moritaro9

ラーメン二郎を超えた二郎系ラーメン屋『盛太郎』が、JR神田駅エリアにオープンした。このエリアは、秋葉原から「炭水化物」と「たんぱく質」に飢えた野郎どもが集う場所。そんなエリアにラーメン二郎を超えた二郎系ラーメン屋がオープンしたのだから、ラーメンの聖地になるのも時間の問題だろう。

・オバチャンが調理を担当
『盛太郎』はラーメン二郎のようにシビアな店ではない。普通のラーメン屋のような雰囲気で、店員さんも、とても優しいオバチャンと好青年が2名でやっている(時間によって店員は違う)。この日は、オバチャンが調理を担当し、好青年が盛りつけと接客をしていた。

moritaro11

・茹でると増える麺の量
今回注文したのは、チャーシューダブルラーメン(880円)のヤサイニンニクアブラカラメマシマシ。そこに無料のタマネギを自分でトッピング。チャーシューダブルラーメンは厚いチャーシューが8枚盛られている豪快なもの。

麺は並盛りを注文したが、大盛りの場合は500~600グラムくらいあるそうだ。茹でると増えるので、さらに重量は重くなるだろう。

moritaro1 moritaro2

・他の客をリサーチ
店内には自分を含めて客が4名。ここがどんな店か知らずに入ったと思われる、帽子をかぶった痩せ型のおじさん(推定65歳)が、いくら食べても減らない麺を黙々と食べ続けている。その細い体に、丼の中身がすべて入るとは思えない!

でも頑張れ!! 助けてやれないが、強い眼差しを送り、胃袋の代謝がアップするよう祈りをささげた。だけど食い残したら有罪、すなわちギルティーな!

moritaro3

・コンナニタベレマセン
あと2名の客は、カタコトの日本語をはなす中国人のご夫婦。店員と話すときは日本語で、夫婦の会話は中国語だった。「スミマセン、コンナニ、タベレマセン」と店員に話しかけていた。まあそうだろう。言わなくて良いのに言うところがカワイイじゃあないか。

やはり雰囲気が普通のラーメン屋なので、二郎系のラーメンが出てくるとは思うまい。事前にリサーチしなかったミスといえよう。

moritaro4 moritaro5 moritaro6

・無料のタマネギをガッツリ
そしていよいよ、私のチャーシューダブルラーメンのヤサイニンニクアブラカラメマシマシがやってきた! ウホッ♪ うまそう! トロトロの背脂が茶褐色をしていて食欲をそそらせる。ニンニクも細かく刻まれて、ツーンと鋭いニオイを放つ!! そこに無料のタマネギをガッツリとぶっかける!!

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy