体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「君たちに未来はない」ロバート・デ・ニーロが、卒業式で伝えたメッセージとは?

150620_robert-de-niro

『ゴッドファーザー PART II』や『タクシードライバー』など、映画史に残る作品に出演しているロバート・デ・ニーロ。彼は、役になりきるために相当な努力をすることでも有名。実際にタクシードライバーとして働いたり、変装してホームレス施設に潜入したこともあるとか。
ここで紹介するのは、彼が2015年のニューヨーク大学芸術学部ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツの卒業式で語った内容です。
まわりの仲間を大切にすることや、芸術家が持っておくべき心得など、若い人たちに向けて伝えたメッセージに拍手が鳴り止まなかったとか。
ここからは、スピーチの内容を一部抜粋して紹介します。
(記事下の動画では、スピーチのフルバージョンが視聴可能です)。

用意してきたメモですが、ティッシュとして鼻をかみますね(会場笑)

君たちに、未来はない
もう人生終わりだよ

th_shutterstock_186110924

さて、グリーン学部長、スタッフの方々、ご両親、そしてニューヨーク大学芸術学部ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツを2015年に卒業する皆さん、お招き頂きありがとうございます。
卒業生の皆さん、やりましたね。でも、君たちに未来はありません。
考えてみてください。看護学部を卒業した人には、全員仕事があります。歯学部を卒業した人も、医者として雇われるでしょう。レオナルド・N・ビジネススクールを卒業した人は、企業に入れるでしょう。会計専攻の卒業生だって、全員就職できるでしょう。会計に情熱を持っている人もいると思いますが、私からすれば、彼らは成功と安定が期待できる仕事に就くために、計画的にその仕事を選んだのだと思いますね。

さて、芸術学部の皆さんはどうでしょう?

そもそも君たちに、選択肢はありましたか?自分の才能を見つけて、野望をもち、自分の情熱のままに突き進んだ。一度それに気づいてしまったら、もう後には戻れない。自分に与えられた才能と一緒に、生きるしかないんです。とにかく突き進むしか道はない。

君たちはダンサーであり、シンガーであり、振付師、ミュージシャン、映画プロデューサー、カメラマン、に役者。
芸術の中では、情熱は常に常識をしのいできました。君たちは夢を追っているだけではなく、運命を切り拓こうとしている。君たちは芸術家なのです。でもそれ以外は何もできない。そういう意味では、人生終わったようなものかもしれませんね。
良いニュースは、これから生きていく上でそれは必ずしも悪いスタートではないということ。君たちが、進むべき道は明確になったのです。それは容易な道ではなく、努力が必要。でも、明確な道。大学を卒業したのは、たいしたものです。でも、だから?とも言えます。卒業式とは、あくまでスタート地点だということです。

拒絶を恐れるな!
逃げずに受け入れること

これから多くの人が、社会から拒絶されることでしょう。でも、受け入れないといけません。役を得るためにオーディションを受けたり、会社で仕事をするために面接にいく時も、拒絶されるかもしれません。その他にも、プロジェクトの支援者を募る時や、自分の書いたものを読んでもらいたい時、監督や振付師の仕事を探していて、扉が目の前で閉じられた時など…。拒絶を感じるでしょう。
その時、君たちはどうやって乗り越えますか?
拒絶されることは、辛いことです。でも私が思うに、それは君たちの実力とはまったく関係のないことがほとんどです。オーディションをうけた時、監督やプロデューサー、スポンサーは何か別のものや人物を思い描いているということだけのことなのです。

耳を傾けて、
意見をかわすことの大切さ

th_shutterstock_167581094

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy