ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若者のヘッドホン難聴リスク増加 耳の老化予防策を医師解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、多くの若者が『ヘッドホン難聴』になる恐れが指摘されている。『ヘッドホン難聴』とは、ヘッドホンやイヤホンを長時間使い続けることによって起こる難聴のこと。今年3月、WHO(世界保健機関)は、若者が難聴のリスクにさらされているとするリリースを発表。スマホや携帯電話の所持が世界的に拡大したことで音楽を聴く機会が増え、世界11億人の若者が難聴になる危険にさらされていると警鐘を鳴らしている。

 大きな音を聴くことによって難聴をきたすわけだが、難聴にもいくつかパターンがあるという。日本橋大河原クリニックの大河原大次院長が解説する。

「ひとつは昔からよく言われている『騒音性難聴』です。大きな音を聴き続けることで起こる難聴で、例えば工場や造船場、鉱山などで働いている人が、騒音に長期間さらされるうちに難聴を起こすなどがあります。最近では、飛行機の整備員や滑走路の係員、モータースポーツのピットクルーなどは、ノイズキャンセラのヘッドホンで騒音を防いでいますね。

 他には、急性に起こる難聴があります。『急性音響外傷』は、急激に大きな音が入ってくることで起こります。顕著な例は、昔はディスコ難聴と言いましたが、今でいうクラブやコンサートで大きな音が出るスピーカーの近くにいたり、近くで花火が打ち上げられるなど、急に大きな音が耳にドンと入ってくることによって聞こえにくくなることがあります」(大河原さん、以下「」内同)

『ヘッドホン難聴』で実際に多いのは、急に入る音というよりは、大きな音を聴き続けることで起こるパターンだという。

「若い人が楽しむロック系の音楽などは、大音響で聴く方が楽しいですよね。それでついついボリュームを上げやすいことから、若い人に難聴が起きやすい。同時に問題なのは、そういった大きな音を何か月も何年もずっと聴き続けることで、難聴になってしまうことです」

 難聴といっても、音が急に全く聞こえなくなることはほぼなく、聴力は徐々に失われていくという。本来、人間は約50Hz~1万Hzを聴く能力を持っているが、加齢とは別に、大きな音を聴き続けることで、4000Hzや8000 Hzなどの高い音を聴く神経から障害を受けていくと大河原さんは解説する。

「大きな音を聴き続けると、耳がワーンとしたり、耳鳴りがする経験は誰しもあると思います。それもある意味では小さな障害を受けています。多くの人は、それも最初のうちは収まりますが、聴き続けることで次第に収まらなくなってきます。進行すると4000 Hzが聴こえなくなり、さらに普段の会話レベルである2000Hzや1000Hzが悪くなり、普通に会話をしている時の音がだいたい500~2000Hzほどですから、日常生活に支障が出るほどに悪くなることがあります。徐々に悪くなるのが、この病気の怖いところです」

 難聴というと、大きな音を聴くことで鼓膜が破れると思われがちだが、そうではなく、音を感じる神経細胞がダメージを受けるのだという。

「大きな音を聴き続け、耳の奥にある蝸牛(かぎゅう)の神経細胞が傷つき死んでしまうことで難聴が起きます。神経が受けた障害は、なかなか治らないため問題になっているんです。例えば鼓膜がダメージを受けたとき、鼓膜を再生する方法はありますが、死んだ神経細胞を再生させることは、今の医学ではできません。それがこの病気を心配しなくてはならない理由なのです」

 受診するべきサインとして、まず音楽を聴いていた後に耳がほわんとしたり、耳鳴りなどは最初の兆候であり、危険信号だと大河原さんは話す。WHOによると、危険なレベルの音量は85㏈(デシベル)以上とされている。85㏈はガード下の騒音や車の騒音にあたる。身近なものでは、ドライヤーで100㏈、掃除機で75㏈に達する。

「車などの騒音は、まだ広域から入って来る騒音ですが、ヘッドホンやイヤホンは耳の中にダイレクトで音が入り、しかもそれが続いてしまうので、さらに問題なのです。患者さんには、音楽を聴いた時に耳に痛みを感じるのは体が発するアラームですから、痛く感じる音量は避けて楽しんでくださいと説明しています。音量を下げることと、連続1時間半を超えないこと。音楽を1時間ほど楽しんだら、5~10分は外して耳を休ませる。このふたつが大きなポイントです」

 工場勤務など騒音の中で仕事をする人の耳の老化は早いと言われるが、ヘッドホンやイヤホンの多用も耳の老化を早めると大河原さんは指摘する。

「耳の聞こえの老化は平均50~60代から始まり、早い人は30代で始まるパターンも。通常、加齢により4000 Hz ~8000 Hzの高音部から聞こえが悪くなっていきますが、そこに重ねて大きな音による障害を受けることで、相乗的により悪化して難聴が早まってしまう危険があります」

 使うヘッドホンやイヤホンの形状も関係してくるので、耳に負担のかからないタイプを選びたい。

「耳の奥まですっぽりと入る密着タイプは、ダイレクトに鼓膜に音がいくので音楽そのものをよく楽しめますが、音は空気の波ですからその分圧迫してしまう。それに比べ、半密着のセミオープンタイプは、いい意味でほどほどに音漏れしてくれます。ただし、音漏れはまた別の問題になってしまうので、やはり音量と時間を調整して聴くのがいいですね」

 取るべき予防策について、大河原さんはこう語る。

「体調が悪いときは、神経細胞が障害を受けやすくなるので、適切な音量と時間を守って耳を休ませましょう。耳鳴りや耳の詰まりなどの兆候が少しでも感じられたら、早めに病院にかかってください。一度失った聴力は二度と回復しません。程度が軽い初期であれば、神経細胞がある程度はリカバリーするので、完全にだめになる前に手を打つことが大切です」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
突発性難聴の新治療 積極的に音楽を聴かせ聴力を回復させる
突発性難聴 発症のピークは1~9歳までと20~30代
モーツァルトなどクラシックで英語の学習効率上がると専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。