ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マツコ 初代つけま女王に選出も「来年はIKKOさんかも」と心配

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第一回“TSUKEMAクイーン”』の表彰式に、初代TSUKEMAクイーンに選ばれたマツコ・デラックス(42)が登場した。

 数字の6がつけまつげをつけているように見えることから、今年から6月6日を『つけまの日』に制定。その普及活動の一環として、化粧品の製造販売を行うディー・アップ主催でこのイベントが行われたのだ。

 第一回の受賞者に選ばれたマツコさんに賞杯が贈られると、「つけまはずっとお世話になっているから、この受賞は光栄です。今後、この賞を大きくしなきゃね!」と喜びをあらわにした。

 トークセッションでは、目をデザインしたマークに触れ、「もう、はじめちゃったんだから大変よ、これ。来年も誰かなるんだよ。“あたし、つけまつげしてます”っていう女ってなかなか難しい。来年は、本当にIKKOさんになるかもしれないわよ。IKKOさん、次はKABA.ちゃんで、また、あたしって…」と、早くも来年以降の心配をしていた。

「つけまを語らせたら長くなるわよ」というマツコ。

「今日は、つけまつげを強調するためにあっさり目のメイクをしてきたのよ。つけまつげってすごいのよ。1ミリの長さの差で、印象が変わってくるからね。後ろのババアとか(と、記者席の後方を指さし…)もつけたほうがいいんだって。まだまだいけるって、あんたたち!」と、会場にいた女子たちにもエール(?)を贈っていた。

 司会者に、プライベートでもつけまをつけているのかと聞かれると、「あんた、さっきあたしが入ってきた時、おっさんだったの見たでしょうよ。あの状態で、つけまだけつけたらおかしいでしょ!」と、激しくツッコんだ後、「でも、仕事では100%つけているから、その辺の女よりは長時間つけているわよ」と、自信をのぞかせていた。

 また「ネットでマツコさんを参考にメイクをしているという声も多い」と司会者に言われると、「いやいや、こんなの参考にしたらダメよ! その辺のOLさんがこんなおっさんになってたら大変でしょ!?」と、自虐ネタで応戦。

「この人のメイク、素敵だなと思う人はいますか?」という問いには、「というか、もうちょっとね、がっつり入れちゃっていいのよ。日本の女性は、かわいい系に寄りすぎよね? アイライン、5ミリくらい入れてもいいと思うのよね。アイラインが太くなるとつけまつけがものすごく重要になるの。アイライン、アイシャドーをガッと入れたら、パッとしたつけまつげでも大丈夫なのよ」と、力説した。

 さらに、「年齢とともにメイクは濃くするべきだと思うんだよね。いつまでもナチュラルで、はたちそこそこの生娘と勝負してもかなわないからね。だったら、40がらみの女の妖艶さを出していったほうがいいわよ」と、持論を展開した。

 余談だが、日本記念日協会の人に、自分の誕生日(10月26日)が何の記念日なのかを聞いたマツコは、「私の誕生日が『きしめんの日』ってどういうこと!?」と、納得のいかないご様子だった。

 ちなみに、『きしめんの日』は、食欲の秋である10月と、麺のツルツル(2626)感を表した26日の組み合わせで決めたのだとか。

撮影■小彼英一


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
盛り目に効く“つけま”は、目元がゆるんでくるR40にこそ有効
バブル期に低迷したつけま お立ち台用つけまで生き延びる
女子小学生のおしゃれ 小4で「まつエク」、小5で「ヘソピ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP