ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マツコも驚いた 文具や日用品食材使ったミニチュア写真集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「これすっごい考えてるね!」と、マツコ・デラックスが『マツコの知らない世界』(TBS系)で絶賛し、何度も見入っていた写真集が『MINIATURE LIFE』(水曜社刊)。

 指先ほどの小さなフィギュアを文具や日用品、食材などと組み合わせて一つの作品をつくっているのだ。著者の田中達也氏が撮影を始めたきっかけを話す。

「自分の持っているミニチュア人形たちを自慢したくて、最初はただ並べて撮っていたんですが、ある日スーパーで目に飛び込んだブロッコリーの山を見た時に、『これは森だ!』と子供の頃からなんとなく頭の中にあったアイディアを思い出し、人形と組み合わせて物語を作ってみました」

 ある時はピンセットを使って。ある時は作品の雰囲気に合わせて人形の色を塗り替える。人形を立たせるために粘着シートを人形の足の裏に張り付けて固定。準備から作品の完成までに毎回40分以上はかかるという。

「いちばん大変なのは毎日のアイディア。ミリ単位の世界でものを見るように心がけて、スポーツや雑貨店など、知らない世界のものを目にするよう努力しています。昼間は仕事をしているので、深夜に作業。通勤時間に合わせてSNSにアップしています。見てくれる人の少しの“ニッコリ”のためにこれからも毎日続けていきます」

 マツコがほめると必ず売れるといわれる同番組。この写真集にじわっと癒される人も増えそうです。

撮影■田中達也

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マツコと渡部陽一のギャラは 1時間10~20万円との証言
マツコ・デラックスの母親 体形・話し方がマツコそっくり
深夜の癒し系美女 ブラからこぼれんばかりの美乳撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP