ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラッとしない梅雨の時期は、思い切ってずぶ濡れで楽しむ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Takahiro Ishii「初めての一人旅 Ayutthaya in Thailand

こんにちは。TRiPORTライター、旅と写真でできている赤崎えいかです。
憂鬱な梅雨の時期がやってきました。そして梅雨明けに待っているのは、うだるような暑さの夏…。

熱中症対策として水分補給は必須ですが、カラッとしない梅雨の時期は、何だか水を摂る気にもならない人もいるのでは? ジメジメした季節には、いっそのこと「濡れる」ことを楽しむ旅に出てみるのはいかがでしょうか?

世界最大の迫力

Photo credit: Daisuke Taniwaki「日帰りナイアガラの滝

世界の三大滝は、カナダ・アメリカにまたがるナイアガラの滝、南米のイグアスの滝、そして南アフリカのビクトリアの滝。近くに行くだけで、一瞬にして全身ずぶ濡れになり、涼を取ることができます。

ストレス発散しながら

筆者撮影

日頃のストレスや鬱憤が溜まっている人は、インドやタイの「水かけ祭り」はいかがでしょうか。無礼講のこの日は、誰かれ構わず色付きの粉や水を相手にバケツごとぶっかけるもよし、水鉄砲で狙い撃ちもよし。ストレスを発散しつつ涼むことができますが、逆に夢中になって熱くなってしまうかもしれませんね。

踊りながら泡まみれに

Photo credit: Natsumi Daizen「パーティー島、イビザへ!

ヨーロッパで知らない人はいないスペイン・イビザ島の泡パーティー。島内の様々なクラブで行われており、泡に溺れながら踊り明かすことができます。

美しくなりながら

Photo credit:マッドフェスティバル公式サイト

女性に取って「美」は永遠のテーマ。日本からも近い韓国の保寧(ボリョン)では「マッドフェスティバル」なる泥祭りが開催されています。保寧でとれる泥には天然ミネラル成分がたっぷりと含まれているので美容効果が絶大だとか。泥のかけ合いをしながらキレイになれるなんて嬉しい限り!

人助けをしながら

アラスカでは仮装パレードのあとに、氷の浮かぶ冷たい海に飛び込むイベントがあります。これは誰でも参加できるわけではなく、非営利組織である癌団体へ、より多く寄付した上位数十名だけが特別に飛び込むことができるのです。「病気の人を少しでも助けたい」という気持ちがあってこその素晴らしいチャレンジですね。

Have a nice trip!

パーティーピーポー必見!朝まで踊り明かす、イビサ島の「泡パーティー」とは

(ライター:赤崎えいか

関連旅行記

*Takahiro Ishii「初めての一人旅 Ayutthaya in Thailand
*Daisuke Taniwaki「日帰りナイアガラの滝
*Natsumi Daizen「パーティー島、イビザへ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP