ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酒鬼薔薇 同年代の恋人女性と同棲証言あるも日本脱出は困難か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1997年、「酒鬼薔薇聖斗」の名前で犯行を行い、日本中を震撼させた神戸連続児童殺傷事件。小学生5人が襲われ、2人が死亡、3人が負傷。中でも、土師淳くん(享年11)の殺害は、中学校の正門前に頭部の一部を置き去るなど凄惨なものだった。

 日本中を驚かしたのは、逮捕されたのが14才の少年だったこと。犯人は、「少年A」と呼ばれ連日マスコミを騒がせた。

 あれから18年――。

 少年Aは、32才となり、手記『絶歌』(太田出版)を発売した。被害者遺族からの出版中止、回収の要求を無視。初版10万部は瞬く間に完売した。

 本を出版する際、一般的な著者印税は8~10%程度。Aが出版社と交わした印税契約は、この数字よりもかなり大きかったという。印税が10%として1冊あたりAに150円が入る。これから重版がかかって20万部、30万部と増刷されていけば、Aは5000万円以上の大金を手に入れることとなる。

 なぜ18年経ったいま、Aは手記を世に出したのか。実は今、彼の傍らには、喜びを共にするパートナーがいるという。出版関係者は語る。

「Aは昨年夏ごろには、東京都郊外にある団地に、同年代の恋人女性と一緒に住んでいたようです。手記を書いていた時期に一緒に住んでいるのですから、当然この女性は、彼の過去も全て知っているのだと思います。

 Aにとっても彼女はかけがえのない存在なのかもしれません。なぜ手記の中でこの女性について一言も触れていないのかわかりませんが、まとまったお金を必要としたのも、もしかしたらふたりで日本を脱出するなど、誰も知らない場所で新生活を送ることを考えていたのかもしれません」

 現在Aは自由な身である。Aの場合は犯行時14才で刑事裁判の対象外だったことに加え、彼が送致された「少年院」は、あくまで保護施設であり、前科はつかない。

 しかし、実際には旅券法第13条に定められているように、外務大臣が国の利益や公安を害する恐れがあると認めた場合、その人物はパスポートを取得することが難しい。Aはこれに当たる可能性が高い。

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
少年Aの手記 遺族の理解得られぬと別の出版社はお蔵入りに
少年A手記で注目 日本でも「サムの息子法」制定の声高まる
酒鬼薔薇の手記 家族に関する記述だけは敢えて嘘を書いたか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。