ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミヤネ屋の気象予報士・蓬莱大介を救った宮根誠司の言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』に気象予報士としてレギュラー出演し人気となっている蓬莱大介さん(ほうらいだいすけ・33才)。読売テレビ『かんさい情報ネットten.』にもレギュラー出演中で、1日2本の帯番組で天気予報を担当する売れっ子だ。
 
 そんな蓬莱さんは日本標準時の町として知られる兵庫県明石市の出身。「子午線のまち」として子午線上の明石市立天文科学館には、日本標準時を刻む大時計が設置されている。

「家も海の近くで、歩いて5分でキレイな海なんです。小学校の窓から瀬戸内海に浮かぶ雲を見て、本当にいろいろ想像を浮かべていました。遊ぶとすれば海で、泳いだり海沿いで野球をしたり、自然に触れる機会が本当に多かったですね」(蓬莱さん、以下「」内同)

 4人きょうだいの長男。2才下の弟と4才下の妹、5才下の弟。父親が柔道六段で母親以外全員柔道一家。小学校から高校までの10年間は柔道に励んだ。華奢に見えるが本人も柔道2段だという。

「兵庫県のジュニアの大会で地区は優勝で県3位になったんですよ」

 高校時代までこの明石で育って、早稲田大学政治経済学部に進学した。

「学生時代は、漠然となにかを表現する仕事、なにかを伝える仕事に就きたいな、と思っていました。でも自分はなにができるかわからないから、音楽やってみたり、映画俳優目指してみたりとか…。俳優の養成所に入って、舞台に立ったこともあるんです。

 舞台ではしゃべるイヌの役とかそんなんもやりましたよ。役者の道はちょっと自分には向いていないんじゃないかなと思ったんですけど、なにか伝える仕事をしたいと思い続けてはいて、卒業してもなかなか見つからず、就職活動はせず模索していたんです」

 その後、蓬莱さんは芸能事務所に所属することとなる。

「事務所に入って、そこが潰れて、また別の事務所に移って、そこではマネジャーが急にいなくなって、いつの間にか僕がマネジャーになっていました。タレント40人を抱えた事務所です。でも、やりながら、これはちょっと違うな、ぼくには合わないな、と暗中模索です。

 どうしょうかなぁ、といろいろ考えて、何日も書店をウロウロして、資格の本だとか手に取ったり、父親のやっている不動産、宅建の資格を取ろうかなとか、いろいろ迷っているうちに気象予報士の本が目に留まったんです。

 昔から、自然と空が好きだったし、なんかちょっといいなと思い始めて、それからテレビの天気予報を意識するようになりました。すると、同じようにみえていた天気予報も伝える人によって、伝え方によって全然違うなと気づいたんです」

 本格的に気象予報士になるための勉強を始めたのは、25才の時。しかし、気象予報士の試験は狭き門だ。

「気象予報士の試験って、5%しか受からないんです。それで3段階試験があって、1段階ずつ受けていけるので、僕は1年半かけて3段階をひとつずつ受けていきました。

 2009年に気象予報士の試験に受かりましたが、すぐに仕事が来るわけじゃありませんでした。キャスターをやりたかったんですけど、どうやっていいのかもわからないんです。それで、iPhoneに動画の機能がありますよね。それを使って、自分でカメラを回して、天気予報の練習をずっとやっていたんです。

 そうして撮影したものを、東京の気象関係者やテレビ関係の人たちに見せて回っていました。それこそ、三脚持ってフジテレビのあるお台場に行ったり、テレビ朝日の前に行き、テレビで天気をやっている場所そのままでやったりもしました。」

 そうこうしているうちに、ウェザーニュースや読売テレビの目に留まる。

「もともと読売テレビの天気予報は小谷純久さんという方が20年数年ずっと担当されていたんです。その方のもとで1年ほどつきっきりで勉強させていただきました。天気予報の技術もそうなんですけど、それ以上に心持ちのところを教えてもらいました」

 そして、2011年3月から『かんさい情報ネットten.』に出演。同年から『ミヤネ屋』にも出るようになり、2013年からはレギュラーとなる。

「宮根さんとの掛け合いでやりますから、なにが訊かれるのか、どんな言葉が飛んでくるのかわかりません。もう、真剣勝負です。

 いじられているといわれますけど、ぼくはすごく感謝しています。うまく宮根さんに返せないときもあって、宮根さんがぼくをいじめているように見えたりして、宮根さんが悪い人のように見えてしまい申し訳ないと思ってますと、相談したこともあるんです。

 そしたら宮根さんは、“そんなんお前が気にすることはない。天気予報をちゃんと伝えることだけを集中していればいい。あとはこっちで全部やるから、余計なことは考えるなよ”と言ってもらえて、すごく楽になりました。ですから、ぼくはとにかく天気の勉強をして、なにを訊かれても大丈夫なように万全にはするんです。でも、宮根さんは斜め上をいく、思わぬ角度から質問が飛んでくるんで、戸惑ったりします。

 街を歩いていると、大阪のおばちゃんたちから“宮根さんに負けたらあかんで!”って声もかかります。応援される気象予報士って珍しいと思います。別に戦っているわけじゃないんですけど“がんばります!”と応えています。あたたかく見守っていただいていてありがたいですね」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
美人気象予報士も困惑 今年の梅雨の特徴は「予測不能です」
『ミヤネ屋』のイジられ天気予報士・蓬莱大介 ブレーク間近
美人気象予報士 好きな男性を天気にたとえると「秋の紅葉」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP