ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供送迎タクシー増加 学校や塾への乗車を共働き世帯が支持

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 学校、塾、習い事への子供の送迎など、タクシーで“子育て”を支援するサービスが拡大している。子供一人でも送迎するサービスから、玄関先までベビーカーや荷物を運ぶサービス、夜間の急な発熱などのトラブルに対応するサービスまで。子育て世帯の移動をタクシーが支えようと、各社、サービス強化に乗り出している。とりわけ共働き世帯や、交通の不便な地方にとって、心強いサービスのようだ。

 日本交通の「キッズタクシー」は、専任ドライバーのみが対応する。子育て経験者、保育士、普通救命講習、救急救命法メディック・ファーストエイド(略称MFA)小児MFAプログラムなどの資格者らだ。顔なじみのドライバーとなることで、子供一人乗車の不安感を軽減する。予約制で、学校や塾までの送迎はドアtoドアで行い、運賃は4650円+キッズチャージ620円。1時間を超えると30分ごとに2420円の追加となる。定期検診や里帰りなどにも対応する。

 国際自動車は女性ドライバー(ホスピタリティ・アテンダント)による送迎同行サービス「リラクシー」を展開している。料金はメーター制だが、予約料金と送迎料金(各410円)が別途かかる。この送迎同行サービスは、子供のみならず、高齢者の買い物や病院への送迎なども対象にしている。

 日本交通の「キッズタクシー」を、小学6年生の娘の塾の送迎に週2回利用しているという都内在住の30代女性はこう語る。

「行きは学校から塾まで、帰りは塾から自宅まで。顔なじみのドライバーさんなので安心です。料金は安くはありませんが、共働きで、近くに親もいませんから、他に方法がないんです。娘はタクシーの中で、人目を気にせず宿題や食事ができるから、効率がいいと言っています」

 一般社団法人全国子育てタクシー協会(全国28の都道府県が加入)が認定する「子育てタクシー」は「じわじわと利用が増えている」という。実際にどのような需要が多いかを聞いた。

「都市部では、お子さん連れの外出をサポートする『かんがるーコース』が、地方では、お子さん一人の通園・通学・通塾などを安心・安全に送迎する『ひよこコース』の利用が目立ちます。また、陣痛時の送迎『こうのとりコース』の予約登録は、ここ数年激増していますね」

 子育て支援を目的としたタクシーサービスは2011年頃から登場している。ハイヤー・タクシーの収益はここ数年、減少傾向が続いており(「ハイヤー・タクシー年鑑2015」)、とりわけビジネス需要が低迷していることから、新しい需要の開拓が急務となっていた。子供送迎のほか、最近では「観光」「介護」向けのタクシー市場も伸びている。

 とはいえボトルネックになるのは料金ではないだろうか。塾などの送迎で日常的に利用するとなると、家計にかかる負担は決して少なくない。実際に「使いたいが、高くて使えない」という声も聞かれた。料金事情について、大手タクシー会社に勤務する都内在中の40代男性はこう話す。

「会社や、ドライバーが仕事をするエリアにもよりますが、歩合制のタクシードライバーにとっては、現状では子供の送迎はそれほどおいしくはないんですよ。特に都市部ですと、普通に走っている方が、正直言って儲かりますからね。あるいは、観光客の多いエリアだと、半日や一日乗ってくれる『観光タクシー』のほうが儲かる。子供さんの送迎って、それほど遠いところには行かないですし、ドライバーの負担も少なくないので。だから料金設定も、それなりの価格にならざるをえないんです。

 ただ、需要があることは確かですし、社会的な意義も大きいですよね。乗合タクシーを増やして、一人のお子さんにかかる料金を下げるとか、何か支援策を打ち出してもらうとか、柔軟で視野の広い対応が必要じゃないでしょうかね」

 共働き世帯の増加、高齢化、あるいは都市部における乗用車保有率の低下などの環境変化によって、タクシーに求められる役割が拡大・多様化しつつある。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
静岡にバーベキュータクシー登場 ゴミも持ち帰ってくれ好評
サービス充実させるタクシー業界 高齢者・妊婦向け広がる
名古屋拠点のタクシー 空車で徘徊老人の保護・送迎サービス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP