ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トンカツマニアが認めた1000円以下の絶品とかんつ / 箸だけで切れるヒレカツ『卯作』

DATE:
  • ガジェット通信を≫
usaku1

ヒレカツ定食(ランチ)
800円

とんかつなんて、どこで食べても同じ。豚肉に衣をつけて揚げているだけ。そう思っている人が、思った以上に多くいるようだ。確かに調理法はシンプルでも、寿司と並べてもおかしくないくらい、こだわりの奥深さがある。とんかつほど、美味しく揚げるのが難しい揚げ物はないのだ。

・1000円以下という庶民価格
最近は高級志向の高額なとんかつ店が増えている。究極のとんかつを求めて、価格を考えずにグルメを楽しむのも楽しいもの。しかし、1000円以下という庶民価格で究極の美味しさを求めるのも楽しい。

たとえば、東京都新宿区のとんかつ専門店『卯作』は、低価格で絶品とんかつが食べられる店のひとつ。トンカツマニアの豚勝太郎先生が「1000円以下ではトップクラスの美味しさ」と強く推奨している店でもある。

usaku2

・低価格とんかつの醍醐味
ここのとんかつは、ロースカツもヒレカツも、箸で簡単に切れるほどソフトな仕上がりなのが特徴。低価格な豚肉で作られたとんかつは、かためで薄い場合が多い。

それはそれで「低価格とんかつの醍醐味」なのだが、『卯作』は限りなく柔らかく、そして厚い。

・ふわっと切れる衝撃
箸でつまむと、いまにも崩れそうな柔らかさが箸を伝って感じることができる。ためしに箸でとんかつを切ってみたところ、ふわっと切れた。これはかなりの衝撃で、ここまで柔らかいとんかつに出会ったことがない。

usaku3

・最後にジワジワと豚肉エキス
とんかつの断面にソースをたっぷりとかける。衣はサクサクのほうが美味しいから、ソースが浸透してふやける前にすぐさま食べる。

ソースの強い酸味のあと、衣に含まれる脂の味がジュワッと広がり、最後にジワジワと豚肉エキスが広まる。

usaku4

・とんかつとしての旨味を生む
ヒレカツなので肉汁は控えめだが、それがむしろ旨味を増すポイントになっている。

ソフトに下ごしらえされた豚肉がホロホロと崩壊していき、ソース、衣、油、すべての旨味をまとめあげ、とんかつとしての旨味を生んでいる。なるほど、ここまで柔らかい豚肉じゃないとできない芸当だ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/06/19/usaku/

卯作
住所: 東京都新宿区新宿3-21-1清水館3F
時間: 11:30~15:00 17:30~21:30
休日: 火曜日

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13009103/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。